「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

「年齢の出やすい手肌をケアするポイント」


どんなにお肌のお手入れをして、
年齢不詳のお姿をしていても、
手肌やお爪が荒れているという方、いらっしゃいませんか?
実は顔以上に、手肌には年齢や生活が出やすいものなのです。
 
手肌は毎日酷使されているので、
正しいお手入れをすれば、顔よりも早く効果は現れます。
まだまだ乾燥し、花粉や紫外線といったトラブル要因も増えてくる
この時期だからこそ、正しいケアで年齢不詳の手肌になりましょう。
 
(1)しっかり手洗い⇒水気をオフ
どんなお手入れも、汚れを落とすことが基本。
しっかりソープを泡立てて、やさしく洗います。
水分が残っていると、蒸発するときに
必要な水分も逃げてしまうので、
手を洗ったら必ず水気を取ります。
ハンドドライヤーは乾燥しますので、
ハンカチやタオルのほうがオススメです。
 
(2)すかさず保湿⇒保護
顔と同じく、手肌も洗った後は潤い補給が大切です。
かるめのローションやお顔用の化粧水でもOKなので
たっぷりを水分を補います。
その後、ハンドクリームやネイルオイルを使って
水分を逃がさないように保護します。
 
(3)たまにはスペシャルケアを
夜寝る前にマッサージをしたり、
クリームやオイルを塗ってから手袋をして寝たりすると
より効果的です。
血行良く、潤いと栄養が十分にいきわたった手肌は
しっとりするだけでなく、ワントーン明るく見えるものです。
 
■これはNG■
ネイルサロンなどでハンドマッサージ&パックメニューをお願いすると、
スクラブによるピーリングが含まれていることがあります。
このピーリング、たまに行うから効果があるのですが、
毎日朝晩やればもっとキレイになるかというと、そうではありません。
 
お肌のターンオーバーは28日。
表皮の一番下から生まれるお肌の細胞は
2週間かけていちばん表面に近い角質層まで上がってき、
そのあとさらに2週間かけて、アカとして剥がれ落ちていきます。
 
不要な角質(アカ)が剥がれずに厚く残っているのを
やさしく取り除いてあげるのがピーリングの役目。
頻繁にしすぎると、まだ剥がれ落ちるべきでない角質層まで
はがしてしまい、表面がとても弱く敏感な状態になります。
すると、肌はそれを守ろうとするので、
余計に硬くゴワゴワした状態になってしまいます。
 
これは足の裏でも同じです、
硬くガサガサな踵が気になるからといって、
フット用のやすりや軽石でゴシゴシしすぎるのは
逆効果なので注意してくださいね。
 
毎日水仕事や冷気、乾燥にさらされている手肌、
お顔以上にいたわり、丁寧にケアしてあげましょう。
きっと、想像以上に早く、
実年齢より若く見える手に変わってくると思います。
 
■記事提供元サイト: キレイなママの作り方

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ