「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

猫が食べてはいけない食物


猫はペットとして人間の身近に暮らしていますから、
人間の食べる物を欲しがることも多くあります。
 
しかし、人間が食べる物の中には、
猫にとって危険な食品もありますので注意が必要です。
 
 
(1)かつおぶし 煮干し
 
私の子供の頃には、猫の食事と言えば、かつをぶしをかけたご飯、
いわゆる「ねこまんま」が定番でした。
 
でも、実は、かつをぶし(煮干しにも)には、
リン、マグネシウムが含まれているため、
尿道結石になりやすくなります。
 
猫はかつをぶしが好きで、食べたがるものですが、
与える時は、市販の「猫用かつをぶし」がオススメです。
 
 
(2) 牛乳
 
 
猫には牛乳を与えることがありますが、
これも、人間用の牛乳は避けたいところです。
 
親猫のおっぱいを飲んでいる頃の
子猫の時期なら大丈夫なのですけれど、
 
成猫になってからは、
牛乳に含まれている乳糖が分解できなくなります。
 
そのため、人間の牛乳を飲ませると下痢をすることがあります。
 
乳糖を取り除いた猫用ミルクが市販されていますので、
猫に飲ませるなら、それを利用するのがいいでしょう。
 
 
(3) ネギ類
 
タマネギ、長ネギ、ニンニク、ラッキョウなどは、
猫にとって致命傷の毒になります。
 
ネギ類に含まれるアリルプロピルジスフィドという成分が
赤血球を壊して、貧血したり、嘔吐や下痢など中毒症状がでます。
 
重症になると死亡することも……
 
猫だけでなく、犬や牛、羊なども中毒になるそうです。
 
この毒性は加熱してもなくならないために、
昔の犬のご飯だった「みそ汁かけご飯」も
ネキ類の具の時は、とても危険だったわけですね。
 
 
(4)イカ、タコ、エビ、カニ、貝等
 
イカ、タコ、エビ、カニなども、
猫が夢中になって食べたがる食品ですが、
 
チアミナーゼという酵素がビタミンB1を破壊するために、
長期間食べ続けていると骨が変形したりします。
 
俗説で「イカを食べさせると腰が抜ける」と言われますが、
背骨の変形によるものなのかもしれませんね。
 
それに、消化の悪い食べ物なので、
食べ過ぎると消化不良を起こして嘔吐してしまったりもします。
 
ただ、チアミナーゼは、加熱すると効果がなくなります。
 
イカやタコには猫に必要なタウリンを含んでいるために、
キャットフードに含まれていることもあります。
 
 
(5) ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモ等
 
猫はあまり進んで野菜を食べることはないとは思いますが、
 
ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなどの
ナス科の植物にも注意が必要です。
 
含まれている「ソラニン」という成分が、
食欲不振、胃腸障害、下痢などの異常を引き起こして、
 
重症の場合は心筋梗塞を起こして死ぬこともあるそうです。
 
 
(6) 塩分
 
猫も塩分は必要なのですが、
人間用に味付けされた食べ物は塩分が多すぎます。
 
汗で体外に塩分を出せる人間と違って、
猫は、ほとんど汗をかかないので、
余分な塩分を体外に出すことが難しいのだそうです。
 
猫にとって塩分のとりすぎは、腎臓に負担をかけてしまいます。
 
 
(7)その他、
 
カカオ、チョコレート、カフェイン、アルコール
ノリや海草類も食べさせないようにしましょう。
 
 
こうして見てみると、猫のまわりには、
危険な食べ物がたくさんありますね。
 
私なども飼い猫が欲しがると、
ついつい与えてしまいがちですが、
 
「ダメ!」と、強く拒否することも、
猫への愛情なのかもしれません。
 
■記事提供元サイト:老猫クロロのひだまり日記
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ