「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

土鍋の出番は、もう終わりですか?


土鍋は、冬のお鍋料理だけではなく、ごはんを炊いたり、カレーやシチューなどの、煮込料理に重宝します。
 
ごはん炊き専用の土鍋や、蒸し料理が簡単にできるタジン鍋なども、普通のものより調理しやすく、また美味しくできるように、工夫がされています。
 
最近は、様々な特徴や食材への効果を謳っている土鍋がたくさん出ているので、注目しています。
 
遠赤外線やマイナスイオン効果があるもの、IH対応の軽量のもの、
無水調理ができるものなど、土鍋も進化しています。
 
また、土鍋料理特有の美味しさも見逃せません。
 
土鍋で調理すると、食材本来の持つ旨みや甘みが引き出されます。
 
肉厚の土鍋を加熱すると、温度が上がるのに時間がかかりますが、
この間に、食材から天然の旨みを、栄養を損ねることなく引き出すことができます。
 
また、ゆっくり冷まして、味をしみ込ませます。
 
調理する食材の水分と、遠赤外線が化学変化を起こして、
旨み成分のアミノ酸類を増やしているのです。
 
うなぎや焼き肉、焼き鳥を炭火で焼くと、炭の出す遠赤外線効果が、
食材をじっくり芯まで加熱して旨みを閉じ込めるので、
ホクホクでジューシーに仕上がります。
 
陶土を焼き締めて作る土鍋にも、同様の効果があります。
 
購入するときに注意したいのは、作る工程で表面に光沢を入れたり、
また、絵柄を美しくするために、鉛やカドミウムなどの有害物質を使用している土鍋です。
 
鉛やカドミウムは、様々な健康障害を引き起こす可能性があるので、
このような商品は、お勧めできません。
 
国産のJIS規格をクリアした土鍋を選びたいですね。
 
調理器具もこだわってみると、毎日の食事がさらに健康的なものになります。
 
土鍋料理は時短にもなるので、季節を問わず使いたい調理器具ですね。
 
■記事提供元サイト:老けない~こだわり美肌・美ボディへの道
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ