「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

ただ唯一の場所で現実とシンクロする映画体験「インターミッション」


3月31日で閉館した銀座のシネパトス最後の上映作品は、
「インターミッション」という映画なのですが、
 
これが、
シネパトスの中で撮られたという作品で、
かなり話題になっていましたね。
 
連日のように、今話題の壇蜜、竹中直人、森下くるみ、杉野妃希など多彩な顔ぶれが登場してトークショーをしたり、
佐伯日菜子や森下くるみによるもぎり実演などが行われて、
シネパトスの最後を盛り上げていました。
 
DVDにもなっているんですけど、
やっぱりちゃんとシネパトスでみたほうが、
グッとくる作品だと思います。
もうその場所では二度とみることはできないですが…
 
樋口尚文監督にとっては、
初の劇場用長編作品ということになりますが、
 
樋口尚文自身は、
高校生のときに撮った「ファントム」が、
ぴあフィルムフェスティバルで、
大島渚に激賞されたりしていたので、
一部では有名な人だったんですけどね。
 
もう映画は撮らないで、
評論とコマーシャルでいくのかと思っていたら、
いきなりの長編デビュー。
 
それも師匠?の大島渚が亡くなった年っていうのが、泣けますね。
「インターミッション」は、
大島渚最後のプロデュース作品でもあるらしいし。
 
なんというか、
やっと映画評論家から、
ちゃんとした映画監督がでてきた感じがして今後が楽しみです。
今まではシベリア超特急とか…映画評論家が撮る映画はひどいものが多かったよなぁ…
 
■記事提供元サイト:直送!芸能界の真っ黒いうわさ!
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ