「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

ドライヤーの熱で髪を傷めない乾かし方


ドライヤーの熱、何度くらいかご存じですか?
 
正解は、約100度。
火傷をしてもおかしくない温度です。
 
もし火傷したとしても、お肌には再生能力があるのですが
髪は一度傷んでしまうと元にもどることができません。
 
なので新しく髪が伸びない限り、きれいな髪にはなれないのです。
 
 
でも濡れたままだとキューティクルが剥がれ落ちてしまうので、
自然乾燥もベストではありません。
 
 
そこで、ドライヤーの熱から髪を守る方法をご紹介したいと思います。
 
 
その方法は
「余熱を利用する」ことです。
 
お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かすとします。
 
タオルドライをしたあと、化粧水でお肌を整えてください。
 
そして、一気に水分を飛ばすように、
ドライヤーを髪から20Cmほど離して、上下に動かしながら乾かします。
 
半分ほど乾いたところで、一度ドライヤーを止めます。
 
その間にスキンケア。
乳液や美容液を塗って、お肌に浸透するまで待ちます。
 
この間に余熱で髪が乾くのですよ。
 
浸透した頃に、再びドライヤースタート。
もし、ブローをするなら このタイミングです。
 
そして、完全に乾く手前でストップ。
目安は、もう少し乾かしたいなと思うところです。
 
余熱を利用している間に
クリームを塗ったり、ボディーのお手入れなどをしてくださいね。
 
最後は冷風で、ヘアスタイルを整えます。
 
 
こうして、少しでも髪への負担をかけないように、
ドライヤーを使う時間を短縮するのです。
 
髪が傷みにくい上に、スキンケアもできて 一石二鳥です。
 
ぜひお試しくださいね。

 
■記事提供元サイト:アラフィフ突入につき・・・
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ