「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

日本の医療制度も捨てたもんじゃない、限度額適用認定証


今は健康な体であっても、あなたにも突然不幸は襲ってくるかもしれません。
 
しかし、現代の医療技術も非常に進歩しています。
 
昔はとても助からなかった病気が、今ではかなりの確率で救えるようになりました。
 
でも…入院治療や、先進医療を受ける場合には、残念ながらとても高額な医療費がかかってしまいます。
 
大事な命もお金が無いために救えない…ってことも少なからず存在するんです。
 
日本では健康保険によって現在、自己負担が3割で治療が受けられます。
 
しかし、もしも… 数百万といった入院治療費がかかってしまった場合、たとえ3割負担でもその負担額は、相当な金額になってしまいます。
 
でも私たち日本人は、日本に生まれてよかったと言えます。
 
なぜなら、「限度額適用認定証」という医療制度があるからです。
 
これは、治療を受ける患者が70歳未満で健康保険に加入していれば、高額治療を受けた場合でも大幅に医療費が免除されるもので、どなたでも受けられる医療制度です。
 
また、70歳以上75歳未満でも低所得者の場合は、同様に受けられます。
 
この限度額適用認定証は、あなたが加入している健康保険に自己申請をおこない発行してもらいます。
 
そして、あなたが治療を受けている医療機関(病院)に提出し、提出した月からの適用となります。
 
ちなみに申請する際に、いつからいつまでと期間の記入欄がありますが、もし期間を超えてさらに治療を必要とする場合でも、再度申請をおこなえば継続免除が受けられるので心配ありません。
 
そして、もしも治療が長期になった場合でも、4か月目以降は、さらに自己負担額が少なくなるようになっていますので安心です。
 
ただし、保険がきかない費用については適用外なので、入院の際の差額ベッド代や、食事などは含まれませんので注意してください。
 
また申請して、限度額適用認定証を発行してもらい、病院の窓口に提示したところから有効になりますので、月をまたいでしまうと、その月は適用外となってしまう場合もありますので、こちらも注意してください。
 
この制度を利用すれば、かなり支払いが軽減されるので、転ばぬ先の杖としてぜひ憶えておきましょう。
 
もちろんこの他、民間の医療保険などに加入していれば、さらに万全といえますが、
 
国の医療制度もまだまだ捨てたもんじゃないですよ。
 
■記事提供元サイト: 腰痛改善、腰たんたん生活
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ