「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

日本サッカー代表がセルビアに完敗した理由とは?


現在、ヨーロッパ遠征中に日本サッカー代表が、セルビアに0対2で完敗しました。

テレビ観戦したのですが、ほとんど日本にチャンスはなく、盛り上がりのない試合となりました。

ワールドカップまでそれほど時間が残されているわけではないので、そろそろ世界のトップと戦うための戦術に切り替えてゆかないと、本大会では無惨な結果に終わるのではないでしょうか。

引いて守って、カウンター一発にかけるという、極端なことをいうつもりはありません。しかし、現在の日本代表の攻撃方法では、得点のチャンスはほとんどないと言わねばなりません。

ゴールを狙うまでの、手数が多すぎます。パスを何本つないだら、シュートするつもりなのか? テクニックやスピードで劣る相手ならともなく、実力が上のチームと戦う時に、パスをゆっくりと回しているのでは得点てきないくらいのことは、誰が考えてもわかるはず。ザック監督が「無策だ」と非難されても、当然だと言えるでしょう。

では、世界の強豪から勝ち点をとるには、具体的にどうしたら良いのか。以下の2点に尽きると思われます。

1)相手のカウンターアタック(速攻)に対する備えを、強化すること。攻撃している時にも、相手に速攻をさせないことに、もっと配慮すべきである。

2)ボールを奪った瞬間から、シュートまで持ってゆくスピードを速くすること。手数をかけない、シンプルな得点パターンを作ること。

今の日本代表の戦いを見ていると、いつも同じ過ちを繰り返しています。

点を取られる時は、いつもあっけない。速攻に非常に弱いのですね。

逆に、日本がボールを持っている時に、点が取れる気がしません。相手が嫌がる場所、危険なゾーンに入る手前で、ボールを回しているに過ぎません。

小刻みなパス交換からシュートチャンスを狙う方法を捨て、単純な得点パターンを開発することに注力すべき時に来ていると思われます。

以上のことは、多くの人が気付いているはずなのに、チームの方向性に改善の兆しが見えないことが不安ですね。

次のベラルーシ戦でも、同じことを繰り返すようならば、監督交代の声も、ファンから上がってくることでしょう。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ