「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

自律神経の働きとそのバランスを保つ方法とは


頭痛や吐き気、めまい、耳鳴り…体調が悪くなり、病院に行って検査を受けても身体には特に異常はない。このような場合、自律神経失調症と診断されることが多いです。では、この自律神経とは何なのでしょうか。自律神経失調症になったら自分でできる改善方法はあるのでしょうか。

自律神経とは

 自律神経は、呼吸、排出、血圧、血糖値、ホルモンの分泌、眼、耳、精神など体や心といったあらゆるところと関わっています。これらの器官を動かすのに、特に意識しているわけではありませんね。唯一呼吸だけは自分で意識して変えることができます。自律神経は、各器官を働かせる役割があります。その働きを担っています。

 交感神経副交感神経があり、この2つがバランスを取ることで、身体や精神がうまく働いて、健康に過ごすことができます。
 それぞれの神経がどんな働きをしているのでしょうか。

 交感神経は、緊張したり、恐怖や危険を感じたり、闘ったりしたときに優位に働きます。 心拍数や血圧を上げたり、胃腸の働きを抑えたりします。このことで、危険から身を守ったり、闘いを優位にするための体の機能がうまく働くようにするのです。日が昇るころ優位になり始め、昼間に一番活発になります。夕方から夜へとなるにつれ、働きが弱くなります。
副交感神経は、ゆったりしている、休んでいる、眠るときに優位に働きます。夜眠っているときに一番活発になります。その間に内臓、骨、筋肉、皮膚などを修復しているのです。

  しかし、このバランスが崩れることが起こります。すると、身体にも精神にも、不調になってしまうのです。
これを自律神経失調症といいます。頭痛、めまい、吐き気、だるさ、耳鳴り、目の疲れ、便秘、下痢、動機、息切れ、肩こり、のどが詰まる感じ、イライラ、緊張、憂鬱感・・・あげてみるときりがないほどの不定愁訴が起こるのです。

現代人は、長時間労働、受験、テジタル機器の使い過ぎ、運動不足など緊張やストレスを感じる人が多く、それが自律神経失調症の原因となっているのです。

自律神経失調症による不調の改善方法

感情が不安定になったら

感情を無視したり、抑圧すると余計に体が緊張してよくありません。人がいないところで思い切り大声を出す、言えないことをいう、カラオケに行くなどで発散しましょう。

不安にとらわれたときは、不安を認め、なぜ不安なのかをはっきりとさせることです。紙に書いてみるのもいいでしょう。書くことによって頭がすっきりしますよ。

冷え性

  ゆっくりと40度くらいにお風呂に浸かったり、おなかを湯たんぽで温めたっりしましょう。足湯をしても前進が阿多淡ります。

不眠症

 カフェインを含む飲み物を飲まないように愛sましょう。白湯、ハーブティが特におすすめです。どうしてもコーヒーを飲みたい方は、デカフェというカフェイン抜きのものがあります。ドリップ、インスタントでも売っレていますし、カフェでも出す店が増えてきています。
  寝る3時間前からは、テレビを見たり、パソコン、スマホをしない方がよいです。、ブルーライトにより神経が覚醒してしまうからです。

自律神経失調症になったら

腹式呼吸をする

 4秒吸いおなかを膨らませ、少し止めて、8秒秒はきながらおなかをへこます。これを繰り返します。10回くらいから数十回繰り返します。心身の緊張を凝りほぐし、脳にも酸素がたくさん取り込まれすっきりします。

休息をする

 なかなか難しいかもしれませんが、ある期間、仕事や学校など緊張や責任のある所から離れることです。自然の中で過ごせればなおいいでしょう。

運動をする

  ある程度休んだら、運動も大切です。激しい運動ではなく、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどをしましょう。気分の良くなります。

食事を見直す

 野菜を中心として、旬の新鮮なものをたべましょう。油分の多いものは胃腸に負担がかかるので減らしましょう。

まとめ

 自律神経は、身体や精神の機能をつかさどっています。交感神経を副交感神経がバランスを取れているとこれがうまくいきます。しかし、バランスが崩れると様々な不調が現れてしまいます。特にストレスにさらされやすい現代人はそのような人が多いのです。
 自律神経を整えて健康に過ごせるように心がけたいものです。

■記事提供元サイト:健康で快適な毎日を

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ