「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

植物を枯らさずに育てる方法。室内でも元気に育つ3つのポイント。


グリーンのある暮らしに興味はあるけれど、枯らしてしまうことが心配ではじめられないという方も多いですよね。

「この植物は強いから大丈夫」といわれて育ててみたものの、見事なまでに失敗してしまうこともめずらしくありません。上手に植物を育てるためには、大切なポイントが3つあります。

今回は、観葉植物を枯らさずに育てる3つのポイントを紹介します。

日当たりが悪いと植物は弱ってしまいます。

植物が元気に育つためには「日光」が必要です。日かげで育つ植物もありますが、多くの植物は「明るい日かげ」くらいの日光があると元気に育ちます。

気をつかいすぎて、急に強い日差しに当ててしまうと、葉っぱが変色してしまったり、枯れてしまったりすることがあるので注意が必要です。(葉やけ)

逆に、日が当たらない日かげで育ててしまうと、突然、葉っぱがごっそり落ちてしまうこともあります。室内の日かげになる場所では、遮光カーテンは開けておいて、レースのカーテン越しに光が入るようにするだけでも、育ち方はだいぶ改善されますよ。

わたしは、ガジュマルを育てていたのですが、日かげに置いていたら、鉢を動かしたときに、ごっそり葉が落ちて大ショックをうけたことがあります。お店の方に相談してみたところ、日照不足が原因とのことでした。

室内で育てる場合は、「明るい日かげ」が目安です。

水やりは土が乾かなうちにしないこと。

植物に水やりをすると、育てている感、充実感がでてきますよね。だけど、水やりのペースが早くなりすぎると、根腐れが心配になってきますね。水やりは「土が乾いてから」が基本です。

鉢の中の土が湿りっぱなしになるのはよくありません。水やりの間隔が短いなと感じた時には、葉水をあげるようにしましょう。

葉水は、葉っぱに霧吹きで水をあたえるお手入れの方法です。びちゃびちゃ濡らす必要はありません。軽く湿らせるくらいで十分です。葉水は、乾燥やハダニの予防、対策にもなりますよ。

風通しが悪いと植物は弱ります。

植物を元気に育てるには、風通しのよいことが大切です。風が当たる場所ではなく、空気の流れがあることがポイントになります。

風通しや空気の流れは、葉っぱを刺激して植物の水分調整を促す効果があるのです。水分調整を促すと、根の発育がよくなるという点も見逃せませんね。根腐れのことばかりを気にしてしまいますが、根を育てることも大切です。

空気が流れるようになると、湿気対策にも有効です。植物は過湿に弱い一面があります。土からの湿気、置き場所の湿気を含め、湿気がたまる場所はよくないのです。

風通しが悪い場所で植物を育てると、理由がよくわからないまま、ぐったりしてくることがあります。風通しをよくすることで、元気になってくれることも多いですよ。

植物の育て方はこれがすべてではありません。植物を枯らさずに育てるためには、「日光」「水」「風」の3つがポイントになります。この3つのバランスが崩れると、植物が弱ったり、枯れたりしてしまうのですね。

まずは、今回紹介した3つのチェック項目を実践してみてください。むずかしいことは、植物を育てていく中で身につけていけばよいのです。

植物のある暮らしは、心や思考を豊かにしてくれます。お世話に振り回されすぎず、植物の存在感を感じながら、健やかに毎日をすごしたいものですね。

■記事提供元サイト:多肉植物と水やり男子

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ