「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

謙信と信玄の一騎打ちはあったのか.


武田信玄と上杉謙信は川中島で5回対決したと言われています。
 
その中で最大の激戦となったのは永禄4年(1561)の第四次川中島の合戦で、通常川中島の戦いというと、この戦いを指します。
 
その戦いの最中、謙信と信玄の一騎打ちがあったという話があります。
映画やドラマでも取り上げられている名場面で、この話を抜きには川中島の戦いは描けないという劇的な場面でしょう。
 
長野県長野市の八幡原史跡公園には、両雄の一騎打ちを再現した銅像が立っていますが、両雄の一騎打ちは本当にあったのでしょうか?
 
 
武田氏側の甲陽軍鑑では、「頭を白布に包んだ一人の武士が信玄めがけて突進。三太刀切りつけるのを信玄が軍配で受け止めた。」という記述がありますが、その時点で謙信だと確認したわけではありません。
 
上杉氏側の記録「上杉年譜」では荒川伊豆守が信玄に切りつけたという記載があります。
 
前関白・近衛前久から謙信宛の書状に「総大将の謙信自身が太刀を振るったと聞きました。」という文言が残されているので、謙信が実際に誰かと戦っているのは確かです。
 
戦いが始まった直後に敵味方入り乱れての激戦となり、総大将同士の一騎打ちが予想されるような状況であり、信玄、謙信が両人とも戦ったのは事実なのでしょう。
 
戦い当時の謙信は出家する前ですが、出家後の謙信は白頭巾を被ったことから、武田氏側では信玄に切りつけた武士は謙信では?と想像したのかもしれません。
 
 
こういった複数の要素から、川中島の戦いの名場面「謙信と信玄の一騎打ち」は作り上げられていったのでしょう。
 
■記事提供元サイト: 日本史なるほど見聞録
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ