「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

食育での6つの「こ食」とは?


食育に「こ食」という考え方があります。
 
最近の食生活の中で心身ともに問題のある食べ方を指します。
 
孤食、個食、固食、小食、粉食、濃食、6つ。
 
字を見ると、おおよそ想像がつきますけれど、
1つずつご説明しますね。
 

【孤食】孤独な食事。
 
家族が一緒に食事をすることがなく、
一人だけで食べる食事のことです。
 
好きなものばかり食べていても注意する人がいないため、
好き嫌いが多くなり、栄養が偏ってしまいます。
 
また、楽しく会話しながら食べることができないので、、
コミニュケーション能力に欠け、協調性がなくなります。
 
 
【個食】バラバラな食事
 
食卓でみんなが同じものを食べずに、
それぞれバラバラに好きなものを食べる食事です。
 
好きなものばかりを食べるようになるために、栄養が偏りがち。
協調性が乏しく、わがままになります。
 
 
【固食】固定食
 
毎日ピザしか食べない、お菓子しか食べないなど、
いつも、自分の好きな同じものしか食べない食事です。
 
栄養が偏るため、肥満や生活習慣病の原因になったりもします。
 
 
【小食】小食
 
食事を少ししか食べないことを言います。
太ってもいないのに痩せたいとして、食事を減らす場合もあります。
 
特に子供は、成長するのに必要な栄養をとる必要があるので、
栄養が不足して体の成長が阻害されたり、無気力になったりします。
 
 
【粉食】
 
パン、ピザ、スパゲティなど、粉物を好んで食べることを言います。
 
ご飯よりも、どうしてもカロリーが高めになりますし、
おかずがなくても食べられてしまうことから、
野菜の少ない食事になりがちです。
 
 
【濃食】
 
濃い味の食事をすることです。
 
できあがったお総菜やお弁当、加工食品などは、
保存性の必要から、どうしても味が濃いめになってしまいますので、
 
糖分や塩分を多くとることになって、肥満の原因になります。
 
いつも味の濃いものばかり食べることで味覚が鈍り、
食べ物本来の味がわからなくなる場合もあります。
 
 
以上 6つの「こ食」は当然、推奨される食べ方ではありません。
 
でも、意識しないで食べていると、
忙しさに紛れて、面倒くさいからと、
ついつい「こ食」になってしまうのですね。
 
正しい食事は、6つの「こ食」と反対の食べ方であるということを知って
「家族みんなが同じものを、楽しくお喋りしながら食べる」
理想の食事に近づけて行きたいものです。
 
■記事提供元サイト:お家のごはんは元気のもと
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ