「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

小雪さん第二子妊娠発表で考える35歳からの妊娠・出産


女優の小雪さんが、第二子妊娠を発表。

 

つい先日も、元モーニング娘。の辻ちゃんが
第三子妊娠を発表しましたが、アラフォー世代としては
小雪さんのニュースのほうが気になるところ。

 

何しろ、小雪さんは現在35歳、しかも今年の1月に
第一子を出産されたばかり。

 

 

 

かなりハイスピードな妊娠です。

 

産後は1ヵ月半で仕事復帰、紙おむつのCMに出演したり、
フォトエッセー『生きていく力。』を出版したりと、
これから仕事に意欲を燃やしていくのかと思っていただけに
正直驚きました。

 

第一子妊娠発表の際もタイミング的に「本当はデキ婚か?」と
世間を騒がせた唐突さでしたが、今回もそれに近い衝撃度。

 

小雪さんの35歳という年齢を考えれば
(出産予定は来年冬なので36歳)

 

「子作りは短期間で終わらせて、その後本格的に仕事復帰」

 

という人生計画があったのかもしれませんが、
ただ今大河ドラマ出演中と忙しい夫の松山ケンイチさんの
状況を考えれば、本当に今回は自然ななりゆきの
「オメデタ」だったのではないかと思います。

 

というのも、クールビューティーなイメージの強い
小雪さんですが、実はとってもお茶目で自然体な女性。

 

2011年、妊娠発表直前に収録された
「ぴったんこカン・カン」(TBSテレビ)では
大泉洋と安住アナと一緒に北海道を訪れ、
小樽市の天狗山スライダーで430メートルの
高さからボブスレーに乗って高速で降りて来ているのです。

 

そのほか、小樽名物の「なると」の若鶏の半身揚げを
カメラの前でガブリとかぶりついたりもしていました。

 

その番組の中で印象に残っていた小雪さんの言葉に

「料理は知識とかよりも、その時食べたいものに忠実につくる」

というのがあります。

 

きっと今回の妊娠もそんなふうに
自然の流れの中で降って湧いた「嬉しい出来事」
だったのではないかと思います。

 

でも、この小雪さんの食事法って
実はとっても「健康」な証拠。

 

きちんとした食事、睡眠、運動を心がけていれば、
体の声に耳を澄ますと、その時足りない
「栄養素」を体が自然に欲して食べたくなるという
本能が人間にはあると言います。

 

「美」を保つために日々行なっていることが
「子作り」にも吉と出るわけですね。

 

「35歳過ぎると妊娠しづらくなる」
「流産率が上がる」

 

などと高齢妊娠・出産には心配が伴いますが、
実は年齢で単純に言えるものではありません。

 

お肌の状態や外見と同じように
実年齢よりも若い状態に「子宮」や「卵子」の
状態を保つことができれば、30代後半なら
安全な妊娠・出産は十分可能。

 

お肌も子宮も、「細胞」で出来ています。
そして「細胞」をつくるのは「食生活」。

 

体は一朝一夕に出来上がるものではありません。

今はまだ「子作りはおあずけ」と思っていても、
いつか赤ちゃんを望むなら「体作り」は
怠らないようにしたいですね。

 

ダイエットをするにしても、
規則正しく、バランスの良い食事を
心がけることが肝心と言えます。

 

二人目を授かった小雪さん、今後は女優としての
復帰はもちろん、「ママとしての生き方」「飾らない素顔」を
見せてくれる活躍にも期待したいです。

 

 

■記事提供サイト 幸運と癒しのbookカフェ

 

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ