「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

おいしい栗の茹で方


義姉から、穫れたてのをたくさんもらいました。

 

義姉の家の裏山に、栗の木があって、
毎年、季節になると届けてくれます。

 

今年は9月に入っても夏のように暑い日が続いていたので、季節の移り変わりに気づいていませんでした。

 

 

つやつやで大粒の栗の実を見て、
そうか、もう秋なんだなぁと気がつきました。

 

やはり、季節の食べ物って良いですよね。

 

新鮮なうちにと、いつも通りにすぐに茹でたのですが……

 

後でネットで調べて知ったところによると、
美味しく栗を茹でるには、収穫してすぐではない方が良いようです。

 

ビニール袋に密封して、冷蔵庫のチルドルームに
3日~1ヶ月くらい置くと甘みが増すのだそうです。

 

それから、茹でる前には、洗った栗を水につけ、
半日から1日くらい置いておきます。

 

これも初めて知って驚きました。

 

なぜそうするのかは、わかりませんでしたけれど、
アクを抜くためかもしれませんね。

 

そして、茹でる時には、栗がかぶるくらいの水に塩を入れて、
栗が動かない程度の中火~弱火で40~50分。

 

でき上がったら、栗をお湯につけたままで冷まします。

 

これまで私は、ゆで上がったらすぐにザルに上げていましたから、
これも目から鱗でした。

 

お湯の中でじっくり冷ますことで、
栗のエグ味がとれて、しっとりした茹で栗になるそうです。

 

今回は、このことを知らないで茹でてしまいましたので、
いつも通りに、甘みが少なくてパサパサした食感でした。

 

そういう種類の栗なんだと思いこんでいましたけれど、
もしかすると、茹で方が悪かったのかもしれません。

 

次の機会には、美味しい栗の茹で方を試してみるつもりです。

 

 

■記事提供元:ズボラ飯ブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ