「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

京都貴船「喜らく」で川床デビュー!


京都の夏の風物詩と言えば、川床ですよね。 鴨川と貴船の納涼床が有名ですが、私が行ったのは京都の奥座敷「貴船」です。

 

料理旅館の喜らく(きらく)は、タクシーの運転手さんにすすめられて訪れました。 行ってみて思ったのですが、絶対貴船の方がおすすめです!

 

 

 

緑豊かで、涼やかな風が通り、賑やかな京都市内とは、また別の風情があります。 汗がスッ・・とひいていきます。

 

到着した時間が少し早く、お昼には間があったので、席についたのは私達が一番でした。

 

写真やテレビで見ていても、やはり現地では見るもの全てが珍しく、床の赤い敷物と、まんまるい提灯、天井にかかる簾。そこからお日様の光が漏れてくる光景は、今でも鮮明に覚えています。

 

川のせせらぎがまた耳に心地良良くて、不謹慎ですが、ココでお昼寝できたらどんなに気持ちいいだろう・・と思いました。

 

床の真下は、当然ですが川が流れているので、床のすき間から手を入れてみました。 ひやっと冷たいです。貴船の気温は晴れていても25度前後ということなので、夏は過ごしやすいですね。

 

さて、いよいよ会席料理が運ばれてきます。そうめんや天ぷらなどはお決まりですが、メインは「鮎塩石焼き」です。 焼いた黒石の上に盛り付けられていました。これがないと川床をいただいた気にはなれませんね。

 

喜らくはちょうど「貴船神社」の真下にあって、食事を終えた後は、皆さんお参りするようです。 貴船神社は、和泉式部も訪れ祈祷したといわれています。

 

長い階段の脇を並ぶ赤い灯篭が美しく、とても印象的でした。 もちろん、私もお参りしてきましたよ^ ^

「良いご縁がありますように・・」と。

 

 

■記事提供元サイト 楽天市場で買ったちょっといいもの

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ