「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

恋愛心理テクニック SとVとR


恋愛心理のテクニックを考えたとき、「まだ彼女がいません」という人がいかに彼女を作るのか、相手を見つけるのかということも大切です。
 
ですが、「一晩だけのお付き合い」ではなく、長く交際関係を続けたいのなら、「恋愛関係を長続きさせるための恋愛心理学」も知っておく必要があります。
 
ではさっそくですが、恋愛関係において相手との関係を深めていくときに大切な3つの要素、SとVとRについて、ご説明していきます。
 
1)S=刺激(stimulus)
 
まず最初の要素は「刺激」です。
これは特に、恋愛期間中の初期の段階に重要な要素になります。
 
相手の声や外見、行動といった外的側面もそうですし、性格といった内的側面もそうですが、こうしたことが「刺激」となって、恋愛関係は始まります。
 
2)V=価値観の近さ(value)
 
次の要素は「価値観の近さ」です。
恋愛関係が始まり、中期の段階になってくると特に重要になります。
 
相手がどんなことを大切に思っているのか、どんなことが好きで、どんなことが嫌いなのか、そういった物事への考え方や態度などもそうですし、もっと身近なところでファッションの好みや趣味などが近いことで、一緒にいて心地よさを感じます。
 
3)R=役割(role)
 
最後の要素は「役割」です。
特にこれは、お互いに補い合える役割ですが、関係の後期に重要になってきます。
 
例えば相手が疲れて甘えたいと思っているときに、甘えさせてあげられるような関係を持てれば、それは一緒にいて安心できる関係ですよね。お互いがそのときどきに求める役割を分担できる、そんな関係が大切です。
 
もちろん、人間の心はこの3つの要素で全て説明できるほどシンプルなものではありません。
 
ですが、こうした要素があることを意識しながら付き合っていくことで、きっと相手との良い関係を作り、維持していくことに役立ちます。
 
■記事提供元サイト:ストレスとやる気の心理学

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ