「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

深夜に食べても太らない低カロリー簡単レシピ


深夜の食事は健康のために控えた方がいい。でもどうしても仕事の都合で食べそびれて、食事をしないまま帰宅することもあります。
お腹が減ってこのまま寝れない。でも夜も遅いのでしっかりたべてしまうと太るのも気になってしまう。
そんな時にカロリーを気にせず小腹を満たす簡単レシピをご紹介。

5分であっという間にできる豆乳豆腐

ちょっと深めの器に豆腐と豆乳を入れて、レンジで1分30秒から2分ほど温める。温めたらそこへかつお節と塩昆布を乗せて出来あがり。
疲れて帰ってきた時でもすぐに食べられる簡単料理。温めて食べるのでこれから寒くなってくる時期にも良いですね。
かつお節と塩昆布しか乗せてませんが、この二つを豆乳に浸すと出汁がしっかり出るので、味が物足りないなんてことはないです。
でもどうしても薄いかなと思ったら少し醤油を加えてもいいと思います。辛いものが好きならキムチを加えても美味しいです

豆腐は夜遅くに食べても気にならない

豆腐は消化吸収のよい食べ物です。なので寝る前に食べたとしても胃の負担が少なくて済む、夜食にもってこいな食材。
そして栄養素も高く積極的に食べていきたい食材です。

栄養満点な豆腐

木綿豆腐か絹ごし豆腐かはお好みですが、私がしていた糖質制限ダイエット的には木綿豆腐の方が糖質が低いです。
(100gあたりの糖質量:木綿豆腐1.2g、絹ごし豆腐1.7g)なのでダイエットしてる人には木綿豆腐がオススメです。
豆腐は美容や健康に良い食材というイメージが漠然とありますが、どんな風にいいのか調べてみました。

食欲を抑える効果:豆腐に含まれる大豆サポニンが満腹中枢を刺激し満腹感をもたらす効果がある
中性脂肪を減らす効果:大豆サポニンには油脂を溶かす作用がある
コレステロールを下げる効果:豆腐タンパクは血液中のコレステロールを低下させる効果がある。
脂肪代謝・ボケ予防:大豆に含まれるレシチンはコレステロールを溶かし血流の流れを良くしてくれ、さらに高活性化にも効果がある。
骨粗鬆症・乳がん、動脈硬化を予防:大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするため女性ホルモンの減少によって起こる病気の予防効果がある。

他にもビタミンも含まれているので美肌への効果や骨や歯を作るカルシウムも含まれています。
すべてを取り上げてないですが、これだけでも体に必要な栄養素が十分含まれてることがわかります。
特に私みたいな40代ともなるとダイエット目的だけでなく、老化に伴う体の不調もそろそろ気になってきます。
豆腐はその予防効果も期待できるので積極的にとっていきたい食材ですね。そして豆腐の原料でもある豆乳も一緒に摂取してるので、さらに効果が期待できます。

自分の体は自分が食べたものが作り出す

栄養士をしている知り合いが言ってたのですが、食べたものが2ヶ月・3ヶ月先の自分の身体を作るので、適当にしか食べてないなら適当な身体にしかならないと言ってました。
それほど食事内容は大事。今の自分の体が不満ならそれを作っているのは自分自身。逆に自分次第でどうとでもなるんです。
だったら理想的な体になる方がいいですよね。空腹を我慢するのはつらいので、夜中に食事をするとしても体にいいものを意識的に摂取していきたいですね。

■記事提供元サイト:シンプル&シングルライフ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ