「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

朝の目覚めを「スッキリ」に変える5つのコツ


その日1日を快適に過ごせるかどうかも朝の目覚めで
決まってしまう気がします。
 
寝坊して大慌てで始まる慌ただしい朝は、何をやっても
失敗だらけ・・・
 
なんて経験、ありませんか?
 
熱帯夜で寝不足の夏ももうすぐ終わり。
 
お布団が恋しい季節になる前に、朝スッキリ目覚める
習慣をつけておけたらいいですよね。
 
 
1.寝室には朝日の入るカーテンで
 
朝の太陽の光には、私たちの体に備わっている体内時計を
正しくリセットする力があります。
 
体の中のさまざまな生体リズムを調整している体内時計が
常に正しく働かないと、体調を崩す原因にもなるのです。
 
昼間の強い太陽の光には、朝日のような効果はなくなります。
 
お休みの日にちょっと寝坊したいときにも一度目覚めて
朝日をしっかり浴びられるように、朝の光の差し込むカーテン
を使うのがコツですよ。
 
 
2.眠くなってから布団に入る
 
部屋の蛍光灯やテレビ、パソコンにスマホ。
夜でも明るい光にさらされ、青白い画面の光を見続ける習慣
のできてしまっている現代社会の私たち。
 
寝る直前にこういった明るい光を浴びてしまうと眠れなく
なる原因に!
 
かといって夜にやっておきたいこともたくさんありますよね。
 
そんなときは、明るい光を浴びた直後の状態で、無理に寝なく
てはと考えて布団にゴロゴロするのはやめましょう!
 
その習慣が「布団の上は寝られないもの」という潜在意識を
植えつけてしまいます。
 
できるだけ眠りに入れる状態を作って、眠くなったら布団に
入って寝るようにするといいですね。
 
 
3.アラームのスヌーズ機能で上手にお目覚め
 
朝のアラームにも気づかずについつい寝坊…
なんてよくありがちですね。
 
起きる30分前から5分毎にアラームが鳴るようにスヌーズを
セットしておくと上手に起きられます。
 
最初の目覚めから5分では深い眠りには戻らないため、
アラームが鳴るたびに徐々に目覚めていき、30分後には
スッキリ起きられる、というのが理想ですね。
 
 
4.自分なりの睡眠のリズムをつかむ
 
レム睡眠、ノンレム睡眠という2種類の睡眠の周期があるのは
よく聞かれますよね。このふたつの睡眠の周期、実は個人差
が大きく、同じ人でも日によってかなり異なるそうなのです。
 
あまり周期にはこだわらずに、自分の生活のリズムで、起き
やすいタイミングで目覚められるようにするのがコツ。
 
ストレスなく眠れるのがいちばんですからね。
 
 
5.体を動かして脳もスッキリお目覚め
 
眠っていた体や頭を少しずつ目覚めさせるには、血液の流れを
覚醒状態にもっていくこと。
 
「起きる時間ですよ~」と体や頭に教えてあげるんですね。
 
手を握ったり開いたり
足を上げたり下ろしたり
体をゆらゆら左右にゆらしたり
手足をバタバタさせてみたり
 
だんだんと血液が手や足、脳にも流れていき、体が起きる準備
をしてくれます。
 
ゆっくりと起き上がれば、もうスッキリ目覚めているはず!?
 
 
 
どうですか?
 
自分なりの「朝の目覚めの儀式」を作ってあげて習慣づけると
スッキリ起きられるようになりますよ。
 
■記事提供元サイト:「なりたい自分」の叶えかた

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ