「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

「あれ?何だっけ?」ワーキングメモリを鍛えて物忘れを防止


顔は浮かんでいるけど名前が思い出せない、
何かしようとキッチンへ来たんだけど。。。
 
こんな物忘れの経験はありませんか?
 
これも老化現象のひとつ。
記憶力や集中力、注意力の低下から起こるものです。
 
私も最近、忘れっぽくなって困ってしまいます。
 
でも、物忘れを防止する方法があります。
ワーキングメモリを鍛えれば、物忘れが少なくなるのです。
 
 
私たちの脳には「ワーキングメモリ」という領域があります。
 
作業記憶とも言われるもので、一時的に情報を記憶して、
何かを考えたり行動したりする時に使う記憶のことです。
 
物忘れはワーキングメモリの容量が、
年齢と共にすくなくなってくることで起こるそうです。
 
なので、ワーキングメモリを活性化させなければなりません。
 
 
最近ではスマホのアプリやゲームなどにも登場していますが、
簡単にできる身近な方法は、トランプや暗算です。
 
トランプなら子供のころによくやった、神経衰弱がおすすめです。
 
どこにどのカードがあるかを覚えておかないといけませんからね。
 
もし途中でハプニングが起こっても覚えていられたら、
ワーキングメモリが鍛えられてきたってことです。
 
 
また、物事をイメージして記憶するという方法もあります。
 
例えばマヨネーズを買いに行くとします。
 
その時に「マヨネーズがなくなりそうだから買わなくちゃ」ではなく
 
「今日はポテトサラダを作るから、マヨネーズを買おう」
「マヨネーズを買ってきて、タルタルソースを作ろう」
 
こんな風にイメージしながら覚えると、買い忘れが少なくなるそうです。
 
 
私たち人間は、老化を避けて通ることはできません。
 
今すぐできることは、後回しにしないで実行したいものですね。
 
■記事提供元サイト:アラフィフ突入につき・・・
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ