「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

乳酸菌は腸まで届かなくても役に立つ


腸内に善玉菌を増やすために
腸まで届く乳酸菌入りの飲料が良いと言われています。
 
体内の入った乳酸菌は、
腸まで長い時間かけて移動しますが、
その途中で、胃酸や胆汁の影響で死んでしまい、
 
生きたままで腸に到達できる菌は少ないと言われています。
 
そこで、ヨーグルトや乳酸飲料などでは、
「腸まで生きて届く」メリットを強調しているものもありますね。
 
ただし、腸まで到達できた乳酸菌は、そのまま留まって、
腸内の善玉菌として生き続けることはなくて、
 
ゆっくり、ゆっくり腸内を通過すると言うのが正しいようです。
ですから、定期的に乳酸菌を体に補給し続けた方がいいのですね。
 
乳酸菌は、腸内に滞在している間に、「酸」を作ることで、
酸に弱い悪玉菌を減らし、腸内の環境を良くしてくれます。
 
では、途中で死んでしまった乳酸菌、「死菌」は、
何も役に立たないか? とい言いますと。
 
そんなことはなくて、ちゃんと役だってくれています。
 
途中で死んでしまった乳酸菌は、
ちょうど、食物繊維のような役割をします。
 
酸によって死んだ悪玉菌の死骸をくっつけて、
体外に出す働きをしてくれます。
 
生きている菌も、死んでからも
私達の腸にとって良い働きをしてくれる乳酸菌です。
 
乳酸菌を日常の生活に取り入れて、
腸の健康を維持して行きたいものですね。
 
■記事提供元サイト:便秘解消スッキリブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ