「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

捨てないで有効活用しよう。期限の切れた緑茶の葉


緑茶の茶葉、余らせてしまうことありませんか?
 

お茶好きな方だったら毎日飲まれるでしょうから
余らせてしまうこともないかな?
 
食後だったり、お茶請けと一緒に楽しんだり、
家族に入れてあげたりして、ほっと一息つく時間を
共有したり。
 
そんな飲み方をしていたら、茶葉を余らせてしまったり、
いつの間にか期限が切れていたなんてことは
少ないかもしれませんね。
 
 
でも、普段あまりお茶を飲まない方だと、
開封して少しは使ったものの、結局使いきれずに
風味もなくなってしまって、
もったいないけど捨ててしまったというケースも
あるのではないでしょうか?
 
私の場合は後者でして・・・
よく無駄にしてしまっていました(><)
 

 
母乳子育てをしていたため、できるだけカフェインを
避けようと、緑茶はあまり飲んでいなかったんです。
(現在はもう、カフェインは気にせずとも大丈夫なのですが。)
 
一応、来客用に常備はしていました。
でも、あまり訪問してくるお客さんはいない家ですし、
家族は緑茶をあまり飲まないので、なかなか消費できません。
 
子どもの家庭訪問の時に新しいお茶の葉を買って、
先生にお出しするために開封して、
その後、私がほんとに時々飲むくらい。
気づいたら、賞味期限が過ぎてしまっていました。
 
 
ある時、ティーバックの緑茶にしてみたことが
あるのですが、先生に出すには『手抜き』感が
気になったりしますし、
ティーバッグであっても、あまり消費しないまま
期限切れになっていました(^^;)
 
夏だったら、あたたかい緑茶でなくても
ペットボトルの冷たいお茶とか
麦茶を出すのでもいいかもしれませんが、
 
家に緑茶がない状態というのも、いざという時に
不便な気がして、やはり買って常備しています。
近所にすぐ買えるお店がないこともありまして。
 
常備していても、結局飲まずに捨ててしまう・・・
なんだかもったいない話ですよね。
緑茶だって、ちょっといいのを買おうと思ったら
それなりにいい値段するんですから。
 
 

そんなある時、地域でインフルエンザが
流行っていたせいか、子どもの通う学校から
「お茶うがいをすることに決まったので、お茶を持って
きてください」とお知らせがありました。
 
あるお茶会社のブログに、
“期限切れのお茶でも、うがいをするには問題ない”
と書かれていたので、一応子どもには
「なるべく飲まないでね」と断って持たせました。
 
 
ああ、お茶にはこんな活用方法があるんだな~と思った私。
他にも調べてみました。
 
すると・・・いろいろありました。
 

<掃除に活用>
・お茶を水の代わりに使って、台所の拭き掃除。
・お茶がらの水分を絞って床にまき、ほうきで掃くときれいになる。
・絨毯の場合は、乾いたお茶がらをまいてブラシをかける。
 
<消臭に活用>
・乾いたお茶を掃除機に吸わせると、掃除機の嫌なにおいを
 抑えられる。
・乾かしたお茶がらを、ガーゼやお茶用パックに入れて
 靴箱などに入れておく。
 
<入浴剤として活用>
・お茶用パックやガーゼの袋に入れて、お湯を張った浴槽にポンッ。
 お茶に含まれるビタミンの成分は、お肌にも良い。
 
<化粧水として活用>
・普通にお茶を入れて冷ましたものを、コットンに含ませて使う。
 お茶に含まれるビタミンCは、シミ・そばかすに良いと言われている。
 
<肥料として活用>
・乾かしたお茶がらを土に混ぜる。

 
 
緑茶って、結構活用方法があるんですね!
これならもう、余ってしまっても大丈夫(^^)
 
わざわざ期限内の飲めるお茶ではしないことでも、
期限切れならかえってたっぷり使えるかも・・・?
(お茶がらでもできる使い方もありますけれどね^^)
 
■記事提供元サイト:子ども&カラダにやさしく、ママも綺麗に♪
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ