「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

なぜ団体戦になるとめっぽう強いニッポン?


ロンドンオリンピック 中盤戦を迎えていよいよ陸上が始まりましたね。

 

ここまでを振り返ると 競泳は戦後最大のメダル獲得数を記録したそうです! 快挙は 女子も男子も400mメドレーリレーで 銀・銅とWでメダル獲得したことでしょう。

 

 

 

今回は団体戦でのメダル獲得が多いんですよね 体操 男子 団体総合 銀メダル アーチェリー 女子 団体 銅メダル バドミントン 女子 ダブルス 銀メダル フェンシング 男子 フルーレ団体

 

そして 卓球女子団体は決勝戦へ進出決定しました!! これで 銀以上のメダル確定!!!

 

今回私が注目したのが フェンシング男子フルーレ団体。 北京五輪・銀メダルの太田雄貴選手へ金メダルが期待されていましたが、3回戦敗退。 他2名も敗退してしまい ガックリ肩をおとしたインタビューが印象的でした。

 

そこへメダル獲得へ起死回生を狙った団体戦 トリプルプレーの応戦で 世界ランキング2位の中国をやぶって決勝進出! 惜しくも優勝こそはのがしたものの 見事に団体で銀メダル獲得です。

 

団体で戦っている選手たちの表情からは

一人じゃないから 強いぞ 俺がここでポイント稼いじゃる 先輩のために僕がんばるっす 私たち ぜったい勝てるンだからー

ここで ここで 一人じゃないから 勝てるパワー炸裂 といったオーラを私は強く感じてしまいました。

 

振り返ると 個人戦で結果がでなかった競技でメダルを獲得できた理由は何なんでしょうか?力や技量の面では互角であるなら、残るはメンタルだけでしょう。 一人だとプレッシャーや相手に威嚇されて萎縮して筋肉もメンタルも小さくなってしまっても 団体になると途端に強いメンタルへ変格する遺伝子が日本人にあるのか。

 

かばって かばいあう お前の仇は俺がうつ 私がここまで守るから 次はあなたに託したわよ! 的な。

 

自分のために よりも 誰かのためにの方が1つの個となって相手に与えるパワーが強烈になる何かがあるのかもしれませんね。

 

団体戦といえば まだまだシンクロもありますが、一番の期待はサッカー女子・男子 共に行われる準決勝戦があります。 ここで1つ勝てば メダル確定! 目指すは キンキラキンに輝く金メダル 男女共に優勝なんてことになれば オリンピック史上初の快挙。 歴史にも残ります。日本のサッカー業界でも向こう100年は語り継がれる歴史となることでしょう。

 

ガンバレ!日本☆ ガンバル!私 日本国民みんなで寝不足にも負けないから。

 

 

■記事提供元サイト 美髪作り隊コラム

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ