「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

温泉効果で女子力アップ! 温泉をより効果的に楽しむコツ。


毎日仕事で体も心も凝り固まっている女子の皆さん!
 
たまには温泉で、ゆっくりくつろいでみませんか?
 
ゆっくりお湯につかることで体をあたため、女性に多い冷え性の改善や温泉自体の効能による美肌効果など、温泉には女子力をあげる要素がいっぱい。
 
忙しくてなかなかお泊りで旅行にいけなくても、最近は都心部や、その近郊にも、日帰り温泉施設がずいぶんできているので、仕事帰りに気軽に温泉に行くこともできるようになりました。
 
とはいえ、せっかく足を運ぶのですから、その効果をしっかりたっぷり、くまなく手にしたいもの。
 
女子力をアップにも効果的な温泉入浴のコツ、お話します。
 
●その1
 
温泉に入る前・入った後には必ず水分補給を!
 
温泉に入ると、発汗等で体の水分がかなり失われます。
また、空調の整った中で過ごすことの多い現代のわたし達のライフスタイルでは実感しにくいかもしれませんが、意外と水分補給が足りてない人が多いのです。
喉がかわいた、と思ったときには、体はすでに相当水分を欲している状態。
 
まず温泉に入る前に水分補給。
そして、温泉に入ったあと、入浴で失った分、またたっぷりと良質の水分を補給することを忘れずに!
 
●その2
 
温泉に入る前に、しっかりかけ湯!
 
湯船に入る前のかけ湯は、体の汚れを落とすためのマナーでもありますが、その前に洗い場でちゃんと洗っているからと、かけ湯はサッと流して終わり。
そんな人が多いのでは?
 
温泉は体によい成分を含んでいる反面、そのお湯が刺激になる場合もあります。
入る温泉のお湯を、心臓から遠い手足、そして体、という風にかけてあげましょう。
手桶に一杯二杯ではなく、しっかり何杯かかけてあげてから、温泉の湯船でくつろぎます。
 
●その3
 
一回入浴ではなく、繰り返し入浴を!
 
日本の昔ながらの温泉は、肩までしっかりつかる全身浴が主流。
しっかりあたたまるのですが、普段あまり湯船につからないでシャワーで済ませている人は特にのぼせやすくなってしまいます。
 
顔がじわっとほてってきたら、一度湯船から出て休憩したり、水分を摂ったり。
しばらくしてまた湯船につかる。
体に優しく温泉を楽しむには繰り返し入浴がおすすめです。
 
 
今度の休みは、すこうしばかり足をのばして、温泉で身も心も癒してみませんか。
 
■記事提供元サイト:スギハラ食堂 -お気楽発酵手作り生活・旅日記-
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ