「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

ポジティブな気持ちは腸が作る


私達が感じる満足感や幸福感、
前向きに頑張ろうと考える気持ちは、

 

脳内の伝達物質セロトニンが関係しています。
 
この物質は、別名「幸せ物質」と呼ばれ、
私達の気持ちを大きく左右するものです。
 
セロトニンは、不遇な状況にある時に気持ちを奮い立たせてくれたり、
怒りの気持ちで一杯の時には、怒りをおさめて冷静にしてくれたり、
 
精神を安定させポジティブな気持ちにさせてくれるのだそうです。
 
私達の日常には、たまに、今日は何をやってもダメだ、
イライラして何もできない、という日がありますけれど、
 
もしかすると、そんな日はセロトニンが不足しているのかもしれませんね。
 
実は、このセロトニンは、脳ではなくて、腸で作られることがわかってきました。
 
セロトニンは、トリプトファンというタンパク質から合成されるのですが、
それには、トリプトファンを含む食べ物 (豆、乳製品、ナッツやタネ類、
卵、バナナなど)を食べるだけではだめで、
 
腸内細菌が大きな役割を果たしています。
 
腸内に善玉菌がたくさん増えて、活動してくれることで、
セロトニンもたくさん合成され、私達の前向きな気持ちにつながります。
 
善玉菌を増やすためには、食物繊維をとったり、、
ヨーグルトやオリゴ糖などを食べて腸内環境を良くしておくことが必要です。
 
腸を健康にすることで、私達の気持ちも
元気で幸せに満ちた生活ができるということですね。
 
記事提供元サイト:便秘解消スッキリブログ
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ