「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

酒かすは腸を美人にする助っ人


腸をきれいにすることは、ダイエット効果や肌荒れの改善だけでなく、若さを保つ効果をもらします。
 
美人を作るためには腸のコンディションの良さが秘訣のひとつとも言えます。

 

最近は、ご存じのとおり、伝統の発酵食品「酒かす」が注目されています。
 
ビタミンB群やアミノ酸など栄養やうまみの宝庫ともいわれる「酒かす」。
 
酒かすには、悪玉のLDLコレステロールの値を下げてくれたり、お通じを改善してくれたり抜群の健康パワーがあるとは、想像もしていませんでした。
 
見た目で判断しては、いけませんね。
 
実は、酒かすの健康パワーを支えていたのは、原料となる米に含まれている「レジスタントプロテイン」です。
 
日本語にすると、消化されにくいたんぱく質という意味になります。
 
わかりやすく言えば、食物繊維の仲間ですね。
 
酒かすには便秘改善を期待できる不溶性食物繊維が豊富に含まれています。
 
その働きは「油をガッチリ捕まえること」。
 
酒かすを食べたときの体の中では、レジスタントプロテインが消化されにくい性質なので、そのまま小腸へ届きます。
 
そこで、コレステロールなど食品の脂質や食べた油を捕まえ、消化吸収されることなく体の外まで運び出してくれるんです。
 
そのため、LDLコレステロール値が低下します。
 
腸内の脂質を吸着し便に含まれる脂質が増えることで、柔らかい出やすい便となり、お通じが改善すると考えられています。
 
また、脂質と便を一緒に排出するという、相乗効果の嬉しい役割があります。
 
さらに効果を望むならば、乳酸菌が多く含まれ、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす味噌や醤油などの米麹を使うと、便秘を改善に最適になるといいます。
 
酒かすの味噌汁は、食べるサプリメントに値するものですね。
 
短すぎて、有効な働きをすることさえも、知らずにいるたことは、もったいないことです。
 
毎日の食事に取り入れて、自然の健康食品に親しむことが無理なく続ける健康づくりをしたいものです。
 
■記事提供サイト:健康食品で元気に差がつく秘密
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ