「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

セントパトリックデイをご存知ですか?


毎年3月17日はセントパトリックデイです。この日はアイルランドにキリスト教をひろめた聖人、聖パトリックの命日であり、アイルランド(カソリックの国)の祝祭日です。
 
アイルランド国内では大規模なお祝いがあります。また、アイルランドという国やアイルランド出身だということを祝うために、世界のあちこちでパレードやフェスティバルが行われます。
 
テーマカラーは緑色。そしてシャムロックと呼ばれる、葉っぱが三つに分かれているアイルランドの国花のクローバーがふんだんに登場します。
 
特にアイルランド系の移民の多いアメリカのニューヨークやボストンでは、バイオリンやアコーディオンでアイルランドの伝統音楽が演奏される大規模なパレードが見られます。
 
緑色に染められたシカゴ川をニュースでごらんになったことのある方も多いでしょう。
 
************************************************
 
この日は何か緑色のものを身につけると幸運が訪れると言われています。
私は毎年緑色のピアスをすることにしています。
 
私の娘はカナダの公立の小学校に通っていましたが、
3月17日は特別なイベントがありました。
 
まず、全員何か緑色のものを身につけて登校するように言われます。
 
学校に行くと、教室の中は椅子や机がひっくり返っていたり、
自分の上履きが他の子のと入れ替わっていたりと、いつもと様子が違います。
 
というのもレプリカーンがいたずらをしたからです。
 
レプリカーンはアイルランド伝承の妖精です。言い伝えによって姿はさまざまですが、
よくあるのは緑色の服を着て大きな帽子をがぶっている身長1メートルぐらいの小さな老人です。
 
この妖精は、ふだんはバイキングが隠した金貨を探しながら、森の中をさまよっています。
 
セントパトリックの日は、このレプリカーンが教室にやってきて、探しものをするために、
教室の中をひっかきまわし、金貨の形をしたチョコレートを置いていくのです。
 
ちなみにひっかきまわされる教室は低学年のものだけです。
 
お昼はアイルランドにちなんだポテトランチです。いつもは弁当持参ですが、
このような特別なお昼ごはんには、事前にお金を払います。学校の資金集めの一つでもあるのです。
 
ボランティアの父兄がポテトランチを用意します。
内容はベイクドポテト(じゃがいもをアルミホイルで包んでオーブンで焼いたもの)に好みでバター、サワークリーム、ベーコンビッツ(ベーコンのみじん切りを乾燥させたもの)、ピザ用チーズなどをトッピング。つけあわせはピクルス、飲み物は紙パックのアップルジュース、デザートは小さなアイスクリーム。
 
このランチには誰でも参加でき、就学前の小さな子どもをつれて教室に食べにきていた父兄もいました。
 
************************************************
 
近年は日本でも3月17日に東京の表参道でパレードがあります。
また、3月中、横浜、名古屋、京都、熊本とほぼ全国で催し物が続きます。
 
日本の場合は、宗教色はなく、アイルランド文化に親しむことや、春の訪れを祝うためのイベントとなっています。
 
あなたも何か緑色のものを身につけてこの日を楽しんでみてはいかかがでしょうか?
 
※画像は娘が小学校2年のときに描いたレプリカーンの絵です。
 
■記事提供元サイト名:フランス語の扉を開こう~ペンギンと

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ