「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

シンプルライフを続けられる簡単なルール


持ってるものを減らそうと断捨離を始める前に、まずしておいた方がいいことがあります。一時的に綺麗になってもまた部屋が散らかってしまわない様に決めておく簡単なルールです。

物を収納する定位置を決めておく

部屋が散らかってしまう理由は物が多いのもありますが、他にも収納する場所をきちんと決めていないからというのもあります。
もちろん洋服はクローゼット、本は本棚にしまっていると思います。でも部屋の中にはそれ以外にも物はたくさんあります。場所を決めず部屋の中に適当に置いてしまうと、置き場所を忘れて必要な時に見つからなくなる事があります。
よくどこにしまったのか忘れて、部屋中を探してしまうなんて事もあると思いますが、それはきちんと場所を決めてなかったから。その探す時間が少しの事でも無駄な時間になってしまいます。きちんと定位置を最初に決めておくことが肝心です。

なんでもOKな場所をひとつ決める

定位置を決める時に困るのが「服」や「本」というカテゴリー分けがしにくいもの。カテゴリーが決められないから収納場所も決まらない。そこで挫折してしまう時もあります。
カテゴリーが決まらずに収納場所が決めきれない時には、「なにを入れてもOK」な場所をひとつ決めておくと楽に仕分けが出来ます。とりあえず困ったら置いておく一時的な避難場所みないなスペース。
気をつけなければいけないのは、その「なにを入れてもOK」な場所は目に見える場所に作ること。押し入れやクローゼットの奥などにその場所を作ってしまうと、普段目につかなくなり、しまってある事も忘れ開かずの間になってしまいます。
私の場合は部屋に大きめのカゴをひとつおいています。置き場に困ったものがあったらそのカゴにとりあえず入れておきます。細々したものの場合はトレーの上に置いておくルールを作っています。

定位置が決まったらその場に収め、収納しきれなかったら処分する

収納場所を決めたら、それぞれの場所に合わせて部屋のものをしまっていきます。そうすると決めた場所に物が収まりきらない場合が出てくるかもしれません。
そうなったら収まりきらなかった量だけ処分します。収まらなかったからといって収納スペースを増やしたり、決めた場所以外にしまわないこと。
決めた定位置に収まる量が今の部屋での適正量です。

物を捨てる前の下準備

やみくもに物を捨てる前に、まずは収納場所を決めると後々でも片付けがしやすくなります。
場所が決まってるから部屋にある何があるのかも把握しやすくなり、無駄な買い物も少なくなります。
シンプルライフは捨てる生活が目的ではなく、毎日の生活を暮らしやすくすることなので、一時的に理想な生活になって続けられなくなるより、無理せず毎日続けられる自分なりの方法を見つけることが大切です。

■記事提供元サイト:シンプル&シングルライフ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ