「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

「睡眠不足」が太る原因に~夏太り阻止対策!


寝苦しい夜が続きますが、
しっかり眠らないと、太ってしまうかもしれません・・・
 
起きて活動している日中の体重増減は、
食事で増え、排出で減る、の繰り返しなので、
気にしてもあまり意味がありません。
 
代謝がきちんと行われているなら、体重は睡眠中に
減っているのです。
 
睡眠中は、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を
4~5回繰り返します。
 
この繰り返しの中、眠り始めの3時間は、
脳を休め、記憶などのメンタルケアをしています。
 
このケアが終わると、脳からの指令で、
筋肉や内臓のボディケアが始まります。
 
この時にエネルギーが消費されるので、
この間4時間位眠ると(トータルで7時間睡眠)、
翌朝には、体重が約600g~1㎏も減るそうです。
 
体重が落ちていることで、
代謝がよく、痩せやすい体作りができている
バロメーターになっています。
 
次のような人は、ボディケアの時間が少ない、または、
メンタルケアが長引いて、充分にエネルギー消費ができず、
体重が減りにくい状態になってます。
  ・・・もちろん個人差がありますが~
 
*睡眠時間が7時間未満である。
*ストレスを感じている。
*7時間眠っても疲れが取れていない。
 
睡眠が4時間以下の人は、7時間以上の人と比べて
約73%も肥満になりやすい、というデーターがあります。
 
睡眠不足は、過食、肥満、ストレスになるリスクが高まるようです。
充分な睡眠が、ダイエットにもつながるのですね。
 
でも、連日の熱帯夜。
快眠のために必要なことは・・・
 
*寝室環境を整える
 室温27~28度、室温50~60%が理想。
 エアコンやタイマーをうまく活用したいですね。
 
*眠りやすい体をつくる
 たんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂り、
 炭水化物よりの食事はNGです。
 室内で適度な運動を。
 交感神経から副交感神経に切り替えるため、
 湯船につかってリラックスすることが大切です。
 
睡眠時間を充分取って、夏太りを阻止しましょう。
 
体重は、朝晩測ると健康状態も把握できます。
猛暑の中、体調管理を心がけたいですね。
 
■記事提供元サイト:老けない~こだわり美肌・美ボディへの道
   
     

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ