「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

アウトドアでサングラスが必要な理由


朝晩は涼しくなってきましたが、9月はまだまだ昼間の日差しがかなり強い日もありますね。

 

日差しが強烈な夏には、アウトドアスポーツやお出かけのときにサングラスをかける人がけっこういます。

 

サングラスは、おしゃれのため以外には、強烈な直射日光から目を守るためにかけるものだと思っている人も多いのですが、実はそれ以外にもサングラスをかけるメリットがあります。

 

それは、シミ・そばかす予防です。

 

私たちの脳は、目から強い日の光が入ってくると、直射日光の被害を受けてしまうのではないかと警戒して、「メラニンを生成しろ!」と肌の色素細胞に命令します。

 

すると脳からの指令を受けた肌がメラニン色素を生成し、メラニンが肌を黒くしたり、シミ・そばかすをつくったりしてしまうのです。

これはなんと、肌に直接紫外線が当たらなくても影響するとのこと。

 

つまり、いくら日陰にいたとしても、太陽の明るい光が目に入ってくるような場所では、肌でメラニンがつくられてしまう可能性が大きいのです。

日陰で日よけしていたはずなのに、いつの間にか黒くなってしまうなんて、悲しいですよね…。

 

 

私はメガネ自体が苦手なので、普段もなるべくコンタクトレンズを使い、サングラスも今までほとんどかけたことがないのですが、まぶしささえ我慢できれば、サングラスで目の周りだけ日焼けを防ぐよりも、つばの広い帽子やサンバイザーで顔全体の日焼けを防げぐほうが効果的ではないかとなんとなく思っていました。

 

でもサングラスの効果が目の周りのシミ・そばかす予防だけではないと知ったからには、来年、いえ、今からでもサングラスをかけてみようかな。

 

 

 

■記事提供元サイト名:料理も美容もさじかげん

 

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ