「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

平成25年4月に施行される「障害者総合支援法」とは?


みなさん、「障害者総合支援法」が、平成25年4月1日に施行されるのはご存知でしょうか?
 
これは、平成18年に施行された「障害者自立支援法」の問題点を解決すべく、新たに制定される法律です。
 
小泉政権のときに成立し、施行された「障害者自立支援法」が、当時、不評だった理由のひとつは、「利用者が受けたサービスに対し、支払い負担を一律1割にする」という点です。
 
当時、政府は、国の厳しい財政負担を少しでも軽減するため、障害者の方にも、利用料の一部負担をお願いしました。
 
この「1割負担」が重くのしかかり、利用者である障害者の生活は一変してしまいました。
 
やがて、障害者の人たちは、「日本国憲法に保障された生存権を脅かしている」と声を上げ、全国各地で違憲訴訟を起こしました。
 
これらの動きに答える形で、政府は、障害者自立支援法を改正し、低所得世帯の利用者の負担を軽減する措置を講じました。
 
また、原因が不明で治療方法が確立していないいわゆる難病のうち、厚生労働省が定める疾患を「特定疾患」と呼んでいます。
 
実際には、シャイ・ドレーガー症候群や、パーキンソン病などの「特定疾患」に該当しないと、難病患者として認定されないことも大きな問題となっていますね。
 
このような問題に対し、どのような法改正が行われるか、きちんと理解しておきましょう。
 
■記事提供元サイト:認知症介護と障がい者支援
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ