「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

猫が媒介するトキソプラズマ症について


猫などのペットが媒介することのある感染症があります。
 
猫と一緒に健康に暮らして行くために、
飼い主は知っていた方が良い基礎知識です。
 
 
それは、「トキソプラズマ症」
トキソプラズマという寄生虫に感染して起こります。
 
猫だけでなく、他の動物や人間にも感染する、
人獣共通感染症(ズーノーシス)です。
 
 
トキソプラズマは、土の中や水の中などの
自然環境に存在するので、
 
感染したネズミなどを獲って食べたり、
感染している生肉や生魚を食べたり、
何かの拍子に口に入ることなどで発症します。
 
 
成猫がトキソプラズマに感染しても、
一時的な下痢の症状が出る程度で、
すぐに元気になってしまうのですが、
 
幼猫や老猫、病気の猫など、
免疫力が低下している猫が感染すると、
 
嘔吐や下痢、血便、発熱、呼吸困難などの症状が出ます。
 
また、妊娠中に感染すると、流産しやすくなったり、
障害を持った子供が産まれることもあります。
 
 
トキソプラズマ症にかかった猫の便には、
その卵が混ざっていることがあって、
 
そこから、人間に感染する可能性が出てきます。
 
 
猫の場合と同様に、大人が感染する分には
風邪のような症状が出る程度で重症にはなりませんが、
 
赤ちゃんや体力の弱っている人がかかると、
重症に至ることもあります。
 
特に、妊娠中の場合は、胎児に影響がでる心配もありますので、
万が一飼猫が感染している可能性がわかった場合は、
 
人間のお医者様と獣医さんに相談するべきでしょう。
 
妊娠前ならば、トキソプラズマに対する抗体があるかどうか、
病院で検査してもらうことができます。
 
 
予防策としては、
 
猫は、なるべく室内飼いをして、外での感染を防ぐこと。
 
トキソプラズマは熱を加えると死滅するので、
猫に与える肉や魚は必ず加熱したものにすること。
 
人間は、猫のトイレの始末をする時には、
手袋をして、直接に触らないように気をつけること。
そして、手洗いを徹底することなどが大切です。
 

■記事提供元サイト:老猫クロロの日だまり日記
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ