「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

『と』 見えないけど、つながっているんだよ


中学3年の息子の卒業式。
 
卒業証書を手に、教室に戻り、担任と最後のホームルーム。
 
保護者も一緒に教室に入り、最後の授業の様子を参観しました。
 
先生が、最後に話したテーマは、【ひらがなでどの文字が好きですか?】というものでした。
 
そして何人かの生徒に訪ねていました。
 
「ひ」 「み」 「の」 「あ」
 
それぞれ、違った言葉が答えられています。
 
選んだ理由も、
・響きが好き
・形が好き
・なんとなく好き
・名前の一文字だから
 
そんな生徒の答えを聞きながら、私は、何の文字が好きだろう?って、考えていました。
今まで、そんなことを考えたりしたこともないですからね。
なかなか、ひとつに決めることは難しいな。
頭の中で、いろいろなひらがなが、浮かんでは消えていきます。
 
なぜ、ひらがなを話をしたのか。
担任が話したことが心に残りました。
 
紹介します。
 
それは、あるドラマのワンシーン。
 
ひらがなの中で、どの文字が好き?と聞かれます。
 
その人は「と」答えます。
 
なぜ「と」なの?
他のひらがなと何が違うの?
 
理由は「と」だけ使われ方が違う、のだそうです。

つなげることのできる文字。
「と」は、前と後の言葉をつなげてくれる。
 
「ひと と ひと」
「私 と あなた」
「心 と 心」
 
こんなふうに、何かと何かをつなげる役目のある文字。
 
「と」には、そんな見えないチカラがある。
 
他のひらがなにはない、役割を持っている。
それが「と」なんですね。
 
先生は、このドラマのワンシーンで、「と」が好きになったそうです。
 
「と」のように、つながりを大事にしていきたい。
この3年間のつながりを大切にしたい。
 
先生はそのようにみんなの前で話してくださいました。
 
違った角度からものを見ると、こんなにも心に響くということ。
何気なく使っている言葉なのに、新鮮な気持ちになれました。
 
そして、私も「と」が好きになりました。
 
毎日の中で、「と」の存在は大きいことに、改めて気付きました。
つながっていないようで、実はみんなつながっている。
助け合って生きている。
 
何気ない毎日に、私の周りのすべてに、ありがとう。
 
■記事提供サイト:健康食品で差がつく生活

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ