「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

髪にも肌にも♪椿油の嬉しい効能


椿油に良いというのは有名な話です。
しかし、実は髪だけではなく、顔にも身体にも使える優秀なアイテムであることを、ご存知でしょうか。
私は、椿油を使うことでクレンジングも乳液もトリートメントも買わずに済むようになりました。
そんな便利な椿油について、ご紹介したいと思います。

椿油の主な成分と効能

椿油の主成分は、「オレイン酸」という脂肪酸です。
オレイン酸は保湿力に優れ、蒸発しにくいという性質を持っています。
また、人間の皮脂も多く含まれていますので、肌に馴染み、浸透しやすいと言われています。
乾燥肌ドライオイリー肌の方のスキンケアに適しています。

椿油の使い方

色んな使い方がありますが、ズボラな私でも実践でき、効果を感じた使い方についてご紹介します。

●トリートメント


シャンプー後、洗面器に半分ほどお湯を張り、そこに椿油を5滴前後たらします。
洗面器のお湯ごと良くかき混ぜ、それを髪にかけて馴染ませます。
馴染ませついでに、頭皮をマッサージしても良いでしょう。
その後すすぎはいりませんが、気になる場合は軽くすすぎ、ドライヤーで乾かします。
または、ドライヤー前に3滴前後手に取り、痛みの気になる毛先に馴染ませ、それからドライヤーで乾かします。
そうすると、髪に艶が出てふわふわさらさらとします。

コテで髪を巻く前にも使えます。
スタイリング剤をスプレーした後、3滴前後手にとって髪に馴染ませ、低温の150度で巻きます。
そうすると髪に艶もでますし、髪の毛が裂けたり切れたりしにくくなるように思います。

私の髪の毛は硬くごわごわとしていて、美容師さんにも「艶はどこに行った?」と探されるほどでしたが、椿油でケアを始めてから、髪が柔らかく、おとなしくなってきました。

ただ、使いすぎると髪がぺたんとしてしまうので、ちょっと少ないかな?と思うくらいの少量から試すと良いでしょう。

●クレンジング


普通のクレンジングと、使い方はあまり変わりません。
椿油を5~6滴程度手に取り、メイクに馴染ませます。
汚れが浮いたらすすぎ、ソープで洗います。

●スキンケア


化粧水の後、1~2滴程度を手にとってのばし、手のひら全体で優しくプッシュして肌に馴染ませます。
私は、スキンケアは化粧水のみで十分なのですが、時々乾燥が気になるときにこれをしておくと、肌がだいぶ楽になります。
このとき、乳液感覚でたくさん使うと、べたべたになってしまいますので、ごく少量から試してみると良いですよ。

いかがでしたでしょうか
人によって合う、合わないはありますが、椿油は1つで何役にもなります。
天然成分のため、シリコンや界面活性剤のことを気にせず使うこともできますし、ドラッグストアでも買えてお手軽です。

試してみて合うようでしたら、使ってみるとお得かもしれませんよ。
■記事提供元サイト:一人暮らしレベルアップの道

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ