「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

香月日輪「妖怪アパートの幽雅な日常」の感想


香月日輪の『妖怪アパートの幽雅な日常』を購入。タイトルを見て、以前から気になっていた本でしたが、
内容がホラーかなと思いこんでいたので、なかなか購入するきっかけがつかめませんでした。

 

ホラーは苦手なのです。 

 

 

でも、読んでみたら、妖怪や、幽霊や、魔物など、不思議な登場人物はたくさんいましたが、ホラーではなくて、ファンタジーでした。

 

ホラーは「人間にはどうにもできないもの」が描かれるのですが、
ファンタジーでは「人間の力で困難が乗り越えられる」ことが描かれます。

 

そういう意味で、私は「ファンタジー小説」が好きなのです。

 

この『妖怪アパートの幽雅な日常』も、困難を乗り越えるお話。

 

両親を亡くして、ひとりぼっちになった主人公。
高校生・稲葉 夕士の成長の物語と言えます。

 

ジャンルとしては「ライトノベル」ですので、サラっと読めて、面白いですが、内容は深いと感じました。

 

稲葉夕士は、高校進学をきっかけに伯父の家を出て、寮生活をはじめるはずでした。ところが、火事で寮が焼失してしまい、妖怪アパートと呼ばれる「寿荘」に部屋を借りることになります。

 

アパートの不思議な住人との生活の中で、稲葉 夕士は色々なことを学んで行くのです。

 

日常生活の裏には、実は、こんな世界があるのかもしれませんね。

 

実際目の当たりにしたら怖いですが、それでも、人間以上に、人間的な生活が送れるのではないかと、ちょっとうらやましいような気もしました。

 

気持ちが温かくなって、私も心豊かに生きていこうと、そう思えるお話でした。 

 

■記事提供元サイト 芸能ネタとズボラ飯 ミーハー主婦・茎葉の日記

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ