「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

赤ちゃんのしゃっくりの止め方とは?


 
赤ちゃんがしゃっくりをしていると、なぜだか心配になってしまうものです。
 
姿は可愛らしいものですが、小さな体でヒックヒック言っているのは辛いのではないか? と思うママも多いでしょう。
 
ですが、しゃっくりは何ら問題のあるものではないので、無理に止める必要はありません。
お腹の中にいる胎児の時だって、しゃっくりをしているぐらいですからね。
 
が、どうしても止めてあげたいと思うママはどうしたらいいのでしょうか。
 

■赤ちゃんのしゃっくりの原因

一般的にしゃっくりは横隔膜の痙攣だと言われていますが、赤ちゃんの場合も同様です。
 
ただ、大人と異なり、成長が未発達なためにちょっとした刺激で横隔膜が痙攣してしまうのです。
 

赤ちゃんのしゃっくりの原因は主に2つ。

・ミルクやおっぱいを飲んだ時の刺激
 ミルク等を飲む時に、一緒に空気も吸い込んでしまうため、それが刺激となってしゃっくりが出てしまうと言われています。
  
・おむつが濡れているなどの体温変化による刺激
 おむつが濡れるとおしりが冷たくなるので、その刺激によってもしゃっくりが出ます。
 同様に、室温の変化でもしゃっくりが出ます。
 

■赤ちゃんのしゃっくりの止め方

大人よりも速いペースでしゃっくりをしていても、何ら問題のないことなので無理に止める必要はありません。
 
が、止める場合はとても簡単な方法で止めることができるのでお試し下さい。
 
・ミルクを飲ませてみる
 ミルクやおっぱいの飲ませ過ぎが気になる場合は、冷湯でもOK
 
・体を温める
 
・ゲップをさせる
 
 背中を優しくさするようになでてあげることで、 体も温まります
 
・オムツを換える
 
 オムツが濡れたままだと体温が下がって しゃっくりが止まりにくくなります
 
間違っても大人がしゃっくりを止める時にように、大きな声を出したりして驚かせてはいけません!
 
基本的には、赤ちゃんに安心を与えることを意識するといいかもしれませんね。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ