「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

運動不足で便秘になる!効果が期待できる便秘解消法とは?


今日は、便秘の大きな原因の一つでもある運動不足についての話です。

運動不足は美容と健康に悪影響を及ぼしますが、血液の循環が悪くなり、筋力の低下を招くと便秘の原因にもなります。
便秘になると肌荒れや肥満の原因にもなり、血行不良により肩こりや腰痛、長期に渡ると大腸・直腸がんになるリスクも高まります。

そうならない為にも、運動不足を解消することは非常に大切な事です。

運動不足で便秘になる原因とは

排便は腸の蠕動運動と、腸の周りにある筋肉も使って便を押し出しています。
下腹部の筋肉(腹筋)が弱っていると、便を十分に押し出すことができず、便が腸の中に長くとどまってしまい便秘になります。

運動をすることにより、腹筋の筋力がアップすれば腸の蠕動運動は活発となり、便がスムーズに排出されるようになります。
女性が男性に比べて便秘症が多いのは、筋力が弱いために便秘になりやすいといわれています。

他に便秘になりやすい人は、寝たきり老人や入院中の人、妊娠中の女性、オフィスワークで座っている時間が長い会社員など、運動不足で筋肉の低下により便秘になりやすいです。

どんな運動が効果的なのか

普段から筋肉のない人がいきなり筋トレなどを始めると、腰や背中を痛めてしまうことは多いです。
オススメは、有酸素運動です。
有酸素運動とは主に、水泳・ウォーキング・ジョギング・サイクリングなどです。一番いいのは全身の筋肉を使う水泳がいいのですが、施設がないと出来ません。

ウォーキングを始める人はけっこう多いのですが、安易に始めると怪我をしますので注意が必要です。

まずは手軽に出来る、散歩とかストレッチがいいと思います。
「そうだ~腹筋運動を1日30回始めよう~~」とやる人もいると思いますが、三日坊主で続かない事が多いです。

腹筋ストレッチ紹介

私がやっている簡単な腹筋ストレッチをご紹介します。

●両足を肩幅くらいに広げます
●背筋を伸ばして直立します。
●両手をお腹にあてます。
●複式呼吸で息を吸いながら、お腹をできる限りひっこめてください
●お腹をひっこめたら、息を止めお腹に力を入れて、20秒~30秒そのままをキープします。※苦しかったら10秒でもいいです。両手は、お腹に強くあてといてください
●20~30秒経過したら、両手でお腹を押しながら、できるだけ息をゆっくり吐いていきます。
これを毎日5セットです。

すごい簡単そうに思えますが、最初はけっこう苦しいです。ポイントは腹筋に力を入れて20~30秒キープすることです。
最初は苦しいので10秒から始めて、慣れてきたらキープする時間を伸ばしていくようにすると効果的です。

これは、駅で電車を待っている時とかでもやるきになれば出来ますよ。腹筋が鍛えられますのでお薦めします。
何でもそうですが、継続して続けないと効果は出ません。

あなたも便秘にならないように、まずは手軽に出来ることから初めて見てください。

■記事提供元サイト:50代ちょい悪オヤジの奮戦日記

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ