「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

スピリチュアルな観点から見た便秘の心理


便秘で悩んでいる方って多いのではないでしょうか?
 
スピリチュアルな世界では、心と体は密接につながっていると考えます。
 
スピリテュアルな観点からも便秘についての見解があり、私自身とても心と体の繋がりを実感することがありました。
 
今日は、スピリチュアルな観点から見た便秘についてお話しします。
 

 
大腸の機能は、体にとって必要な物を吸収し、不要になったものを排泄します。
 
便秘は、腸内に便が長期間とどまっていたために、腸が便の水分を吸収して便が固くなり、排泄しづらくなった状態のことです。
 
本来なら体にとって不要な物が、長期間腸にとどまることで、腸内細菌に悪い影響を与え、悪玉菌が増殖します。
 
悪玉菌が便をエサにして、有害物質やガスを発生させます。
それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐり、肌荒れや様々な病気にもつながります。
 
 
スピリテュアルな観点からみると、自分にとって有用ではなくなった古い考え方を手放すことができない人に便秘は起こります。
 
嫌われるのが怖くて、あるいは誰かや何かを失うのが怖くて、言いたい事やしたいことを溜めこんでいます。
 
さらに、持ち物にも執着しており、もう必要なくなったものも、いつか必要になるかもしれないと思って、なかなか手放すことが出来ません。
 
また、自分の時間や、お金、自分の労力などを無理やり与えなくてはならなくなった時にも起こります。
本当は与えたくないのに、自分の心と反して与えざるを得なくなった状況のため、罪悪感を感じまいと理性が働き、与えることになります。
 
しかし心の底では手放したくない、自分から奪われたくないという考えが働き、代わりに便を溜めこむのです。
 
新しい物を食べるには、腸にとどまっている便をきちんと排泄しなければなりません。
 
新しい考え方に関しても、同じことが言えます。
心配や、暗い概念などのネガティブな感情は、いわば心の大便です。
 
それはさっさと排泄されるべきであり、古い考えが排泄され、新しいステキな考えを取り入れて、イキイキと成長すべきなのです。
 
 
私は、もともと快便な方でしたが、一時期ものすごく便秘に悩まされた時がありました。
お腹が固くなって、いつもガスでお腹が張って苦しかったです。
 
胃腸科で診察を受けましたが、便秘薬を頂いただけで、なかなか改善しませんでした。
 
その時を思い返してみると、人生の中で一番精神、肉体ともにストレスを感じていた時期でした。
 
その頃の心情は、嫌な人間関係で侮辱されることを恐れ、怒られないか心配し、理不尽な環境に秘かに憤りを感じ、そしてそんな状況を抜け出せない弱い自分を悲観して、いつも心が休まりませんでした。
 
まさに、ネガティブな感情という心の大便をため込み続け、便秘を繰り返していました。
そんな時は友人に気分転換した方がいいと言われても、なかなかうまく出来なかったのを覚えています。
新しいポジティブな考えを入れるスペースがなかったのです。
 
結局、その職場を辞めて抜け出すことができたら、便秘にそれほど悩まされなくなりました。
 
 
どうして便秘が改善しないのだろうと悩まれている方、何かに執着していませんか?
その環境は必ず必要ですか?
 
体は正直なので、心に正直に従うと、体が応えてくれますよ。
 
職場環境や家庭環境はすぐに変える事はできないかもしれませんが、お部屋の掃除などをして、まずは物の執着から手放してみてはいかがでしょうか?
 
■記事提供元サイト:ナチュラルにピュアに輝きたい
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ