「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

リバウンドしない断捨離を実現するための7つの生活習慣


いったん断捨離してモノを減らしても、知らず知らずのうちに、「またモノが増えている」、ということは多いもの。人はこれをリバウンドと呼びます。

どうしてリバウンドするのかというと、たとえ一時的にモノを捨てることはできても、「モノを増やさない生活習慣」が身についていないから。

きょうは断捨離リバウンドを防ぎ、ずっとシンプルライフでいられる7つの生活習慣をお伝えします。

といっても何かすごいことをするわけではありません。禁煙や早起き習慣などに比べてずっと簡単。特別な道具もいらないし、お金もかかりません。

いずれもちょっとしたことを心がけるだけでいいのです。

断捨離後も持たない暮しをキープできる7つの生活習慣

1. できるだけモノを買わない。

基本中の基本。欲しいものを買うのではなく、必要なものを買います。

2. できるだけモノをもらわない。

粗品、景品、おまけなど、本体以外のものは断ります。

3. 家に入るモノを監視する。

「監視」と書くとおおげさですが、ちょっと意識を向けたり、記録をとってみます。

私は、家に入ったモノをすべてデジカメで写真をとって、ブログにアップしていたことがあります。たくさん家に入ると、記録するのも一苦労なので、玄関の手前で捨てるクセがつきました。

食べ物や消耗品でない限り、いったん家へ入ったモノは、自分からは決して出て行ってくれません。水際で阻止することが大切。

4. プラス1マイナス2のルール

何か1つ家に入ったら、別のものを2つ家の外に出します。
2つに慣れたら、5個、10個、20個、50個とハードルをあげていくと、よりスッキリとした暮しに。

5. すぐに使う。

モノをもらったら、すぐに開封し、使ったり食べたり、処分法を考えます。化粧品のサンプルをもらったら、できるだけ早く使ってみます。くさらないモノも生鮮食料品と同じように扱って、モノの賞味期限を逃さないようにします。

6. 再利用を考えない

パソコンで印刷した紙やいらないチラシの裏、どうしてますか?白い紙は、メモ用紙にするために、とっておきたくなります。しかし、すでにメモ用紙がある場合は、こうした紙はすぐに資源ごみとして捨て、ゴミ処理場でリサイクルしてもらいましょう。

ジャムの空き瓶もジャムを使い終わった時に、使命を全うしています。これも即資源ごみに出します。

7. 1日15分の片付けをする。

タイマーで時間をはかって、1日15分だけ、目についたところを片付けます。片付けとは、単にモノを移動させることではなく、「不要品を捨てる」ということです。

どんなに忙しい人も1日15分ぐらいの時間はとれるはず。その時間がない人は、スケジュールに予定を入れすぎですから、まずはタスクの断捨離をおすすめします。

いかがでしたか?
7つ全部やる必要はなく、できることから少しずつやってみてください。

この7つの生活習慣は、現在、断捨離中の人にも使える方法です。どれか1つでもやれば、断捨離がぐーんと加速します。

どの習慣も日常生活の一部にしてしまえば、まったく苦になりません。空気を吸うように、ごくあたりまえに、スッキリした暮しを維持することができますよ。

■記事提供元サイト:筆子ジャーナル

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ