「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

断捨離する時に感じる罪悪感はモノへの執着


 
お土産やいただき物の包装紙を開ける時、いつも、今は亡き祖母の声が聞こえてきます。

そんなにビリビリ破いちゃって、もったいない
そんな良い紙、きれいに開ければ使えるのに。

どうせ捨てるのだからと、乱暴に包装紙を破いて開けていた私を見ていつも言う言葉でした。
 
 
当時祖母は、包装紙や新聞広告などを手芸の材料にしていました。
 
紙を折ってパーツを作り、羽ばたく鶴の置物やくす玉などを作って楽しんでいたのです。
 
それで、茶の間のいつも座っている横には、いつもきちんと畳んだ包装紙を入れた箱がありました。
 
今でも、包装紙を開くときに必ず思い出すので、私は丁寧にテープをはがし、破かないよう気をつけて開け、きっちり四角にたたみます。
 
(でも、それを長く取ってはおかずに捨ててしまいますが……)
 
 
祖母の生きた時代、そして、最近までの私の生活も、モノは捨てないで大切に使うものでした。
 
我が家だけでなく、ご近所でも、豆腐のパックやカッブラーメンのカップまでキレイに洗って取っておいたのです。
 
そして、お豆を煮たからと持って来てくれるお裾分けは、豆腐パックにラップを掛けてあったり、天ぷらが盛られているお皿は、菓子折のフタだったり。
 
そういう生活が当たり前だったのですよね。
 
モノが少なかった時代はそれで良かったのです。
 
外から大量にモノが入ってくることはなかったので、持っているモノを工夫して長く使うことが必要でした。
 
でも、今は、気がつけば身の回りにモノがたくさんあります。
 
必要なモノだけでなく、もう何年も使わないモノまであふれています。
 
豊かになったのです。
 
祖母がやっていたように服の破れを繕わなくても、ユニクロだの、しまむらだの、既製品の服が安く買えるので、ひと季節着たら捨ててしまいます。
 
捨てなければ、使わないモノがどんどん溜まって身動きできなくなります。
 
そんな時代になったのですね。
 
 
それはわかっているのです、よくわかっているのですが、なぜか捨てることに罪悪感を感じてしまうのです。
 
子供の頃からの環境がそう感じさせているのでしょうか。
 

これからの老後を考えて、断捨離して家の中のモノを減らそうと決心ました。
 
毎日少しずつより分けているのですが、そのたびに、なんとなく感じる罪悪感と闘っています。
 
■記事提供元サイト:断捨離ズボラ主婦の100均活用生活
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ