「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

電子書籍は日本に根付くのか?


書籍の内容をデジタル化して提供しているサービスも、この数年ずいぶん増えてきました。
 
日本の有名どころでは、AmazonのKindle Store、Yahoo!ブックストア、楽天kobo。
この三大電子書籍書店以外にも、電子書籍を提供するサービスは大小問わず増え続けています。
 
日本に本格的な電子書籍文化をもたらした、日本AmazonのKindle Storeのオープンは2012年10月25日。
 
それ以来、Amazonの電子書籍の売り上げは年々増加しているそうです。
 

今までも、何度か
 
「これからは電子書籍時代だ。本はデジタルの時代になる。」
 
と話題になったことはありましたが、実際はその変化はゆるやかなものでした。
 
一部のデジタル好き、日常的にインターネット等を使用しているユーザーが、電子書籍を利用する層のメインであり、一般的にはちょっと珍しいぐらいの認知度だったのではないでしょうか。
 
しかし、この1,2年、状況は急激に変わっています。
 
インターネットのインフラが整い、特に電子書籍専用の端末でなくとも、普段自分が使っているスマートフォンやタブレットでも、電子書籍が読めるようになりました。
 
また最近では、専用アプリを入れることすらなく、WEB上で読める電子書籍サービスもあります。
 
アプリを、自分の端末にインストールしてから読むタイプだと、自分のデジタル端末(スマートフォン等)のOSが対応していない場合、インストールができないことも。
 
WEB上でアプリなしで読める電子書籍サービスは、OSが少し古いタイプの端末でも、デジタルの本を利用できるので、頻繁にスマートフォン等のデジタル端末を買い替えるわけではない多くの利用者層にとって、朗報でしょう。
 
紙の本と比べ、保管スペースは不要。
 
出先に持って行くのはスマートフォンやタブレット、専用端末などの対応したデジタル端末だけ。
 
ほとんどすべての本が試し読みもでき、思い立ったら24時間いつでもすぐに本が買える。
たびたびキャンペーンをしており、セールでは1冊100円をきることもある等等。
 
「気軽な読書は電子書籍で」
 
という時代にすでになりつつあるのでしょう。
 
今後、電子書籍文化の先駆けの米国のように電子書籍だけの書き下ろしが増えれば、今まで紙媒体でのみ本と触れ合っていた読者層も、書き下ろし読みたさに電子書籍ユーザーに流れることも十分考えられます。
 
スマートフォンの普及と、インターネットのインフラが整った今だからこそ、『本当の』電子書籍ブームが到来するのかもしれません。
 
待ち合わせ、カフェでゆっくり文庫本のページをめくり、人を待つ…。
そんな姿が過去のものになってしまう日が、いつか来るのかもしれませんね。

 

■記事提供元サイト:女30 スマホ片手に海外ひとり ぶらり旅

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ