「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

遺伝子・DNAがONになる時


DNA鑑定が昨今、話題に上る時が多くなりました。一般的には親子関係を調べたりするのに活用されてます。

前にDNAの本を読んだ事があるのですが、その中で書いてあった「人は生きているのではなく、生かされている」という部分を納得して感謝できた時にDNAのスイッチがONになるのだそうです。

人の成長期の中で思春期なれば男の子はヒゲが生え始め、女の子は胸が膨らんできますね、それは全てDNAのお蔭であって、自分がそうしたいからなる訳ではないということです。DNAのホルモンがONになり成長していくわけですね。

私たちがこの世で生きている、それもDNAが色んなホルモンを作るから生きているのですね。こういう事を知れば生かされているという事が分かります。

人類のDNAは全ての生き物(微生物も含め)基本構造は同じだそうです。猿もコアラもゴリラも人と同じ、これは妙な気がしますが、人だけでなく生き物に対して愛着を持つことを考えると頷くものがありますね。

前にテレビで見たのは、外国の村に住む長者のDNAを調べたら子孫にもそのDNAを受け継いだ人がいました。同じ子孫でも受け継いでない人もいて、病気にかかりやすく薬を飲んでいるとの事でした。

これほどDNAの違いは体に影響を与えるものなのだと驚きました。構造とかゲノムとか理解できませんが私のDNAはどうなのか、知りたくなりました。でも先祖のDNAが分かってないと幾ら調べても意味がないですよね。

本を読んでいて思ったのは、結局、DNAをONに切り替えるのは自分しかないということです。それも正しい事に対してONになるようなので、自分の望む事に一生懸命、努力するしかないのだと思いました。これがONに繋がる事だと思いました。

■記事提供元サイト:60代からの「おいしい暮らし方」

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ