「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

もう30年近く使っている私のドレッサー。


 
10回以上引っ越しをしたので、あちこち傷んで傷だらけ。
両親が大枚をはたいて用意してくれた、大切な婚礼家具の1つである。
 
汚れと湿気で曇った鏡を拭くと、鮮明になって私を映し出す。
きれいになった鏡を見ると、気持ちがスーっとする。気分がクリアになる。
 
髪形や洋服をチェックする以外に、今の自分をそのまま映し出す鏡を前に、
いろいろと思うことはある。
 
一日一瞬を丁寧に生きる自分でいたい。
私と携わってくれる人を大切にしたい。
好きな仕事ができることに感謝していたい。
 
そう思う自分を、鏡はすべて映し出す。
 
意地悪な顔になっていないか?
人や物を思いやっている顔か?
笑顔になっているか?
眉間にシワ寄っていないか?
シミは増えていないか?
 
 
先日、男性タレントが、こんなコメントをしていた。

「キレイな人を美魔女と言って持ち上げるようなテレビを見せられても、
少ない給料の中でやりくりして子育てしてる若いお母さんは、
メイクもできんし、エステにも通えず、服買うこともなかなかできん。
なのに自分より年いったオバハンがキレイにしてイキってるのを見たら、
ストレスたまる一方でかわいそう。
 
よく、女性の意見を代表してコメントする人は、
だいたいが成功したキャリア女性。
髪の毛ザンバラで、自転車の前後に子どもを乗せてるガチのお母さんの意見ではない。
 
美魔女もええけど、キレイじゃなくても素敵なオバハンはいくらでもいる」
 
記事参照:SAPIO

ドレッサーをいくら眺めたところで端麗にはならないが、せめて心美人な自分でありたいし、そんな姿が映る自分でいたい。
 
あなたの鏡には、どんなあなたが写っていますか?
 
■記事提供元サイト:生活保護からの脱出

 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ