「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

野菜ジュースやサラダで栄養を考えているのになぜか物足りない。この時、決定的に不足しているものとは?


体のことを考えて食事に気を使っています。
野菜ジュースを選ぶしスーパーフードも取り入れているのですが、何となくなにか足りない気がするの。
そんな働く女性の声を聞きます。
せっかく気を使っているのにそう感じる時、不足しているのは栄養ではないかもしれません。
栄養だけでは満たされない理由と対処法をシェアさせてください。

平日は忙しくて、朝はコーヒーにパン。
昼は外食で、夜はお惣菜をレンジで温めて夕飯。

これでは体に良くないからと、野菜ジュースやサプリで補う。

今は便利な世の中なので、作ることも食べることも分単位で可能です。
外食できるお店もたくさんあるし、レトルト食品も充実していますから、いくらでも時短できます。

けれど、このライフスタイルを続けていくと「何か足りない」気分が湧いてくるのです。
例え栄養バランスを考えていたとしても、この虚しさのような感覚が残ります。

この虚しさの意味は「私を大事にしてよ」という気持ち。
不足しているのは、自分にかける時間や注目といった愛情です。

心への栄養も食事で

食事は体を作るだけじゃないと思うのです。
心に栄養を与えているのではないでしょうか。

子供の頃のお祭りには、必ずおばあちゃんたちが作る太巻き寿司がありました。
色とりどりの模様の太巻き寿司は、とてもワクワクしたものです。
手間ひまかけて作られた太巻き寿司。
今でも当時の嬉しかった気持ちを思い出せます。

もしそれチェーン店のお寿司だったら、あれほどのワクワク感はなかったでしょう。

子供の頃、感じたワクワク感は心の栄養でした。
他にも心への栄養は、安心感やリラックス感、しみじみ出てくる感謝の心などたくさんあります。

何か不足していると感じるのは、これらの心への栄養が足りていないから。
忙しい平日は無理ですが、休日にはたっぷり時間をかけて心の栄養になる食事を作ってみませんか。

2つほど例をあげてみますね。

1 炊きたてご飯と丁寧な味噌汁の旅館風朝ごはん

味噌汁はインスタントや出汁入り味噌は使わずに、出汁から引きます。
といっても、前日に鍋に水とだし昆布や煮干しを入れておくだけです。
これだけで、インスタントとは比べ物にならないほどの味噌汁ができます。

そこに炊きたてご飯と、納豆や豆腐といった名脇役を添えての朝ごはん。
余裕があればお魚も焼いてみましょう。

「これぞ正統派だわ」と心が満足すること請け合いです。

2 豆を煮る

普段は豆なんて煮ませんよね。
だからこそ、時間をつかってみてはいかが?

これは寒い時期におすすめの料理です。
前日から鍋に水と豆を入れておきます。
それを次の日、コトコトと煮ていきます。

その間はコーヒーを飲みながら読書してもいいし、音楽を聞いていてもいい。
(タイマーをかけておき、その都度、水分量をチェックすると焦がすことはありませんよ)

豆が煮える音は静かでのどかな雰囲気を醸し出してくれますし、ふわっと広がる湯気で室内が暖かくなります。

豆が煮えたらオリーブオイルと塩、レモン汁でシンプルなサラダに。
残った分は常備菜として使えますね。

ちょっと料理に時間を使うことが、平日の慌ただしさにつかれた心と体を解きほぐしてくれます。
こんな食事をした後は心がリフレッシュでき、適当にすませた食事よりずっと元気になっているはずです。
食事でいつも頑張っている私を応援してあげましょう(^^)

■記事提供元サイト:幸せ感度をあげる暮らし

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ