「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

まだ使える不用品をゴミにしないための3つの方法


我が家は、いつも散らかっています。
そして私は「片付けられない女」であると自覚しています。
その原因が、モノが多すぎるからだと気づいてから、シンプルな生活を目指して断捨離を始めました。

まず、テレビでも話題になっていた近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法』を買って読んでみました。
こんまり流が、他の片付け術と最も異なるところは、やはり全出しだと思います。
ですが我が家の場合は、まずそこでつまづいてしまいました。

私の母は、モノをためこむタイプです。
そして、家族も私もみんなそうです。
引っ越しというものをしたことがなく、代々のモノたちがたまりにたまっている我が家で、全出しでもしようものなら生活スペースなど無くなってしまうでしょう。
やる前から気力が失せてしまいました。

そこで、作戦変更しました。
こんまり流は、場所ごとではなくモノごとに片付けて、適正量を見極めるのですが、それはやめにしました。
あえて場所ごとに片付けて行くことにしました。

買ったりもらったりと増やすことなく捨て続ければ、必然的にモノは減ってゆくだろうと考えたのです。
そのスピードはゆっくりですが、始めの頃と比べたら着実にモノは減ってきています。
ただし、思い出のモノには触れないようにしなければいけません。
もし触れてしまったら、そこで片付けがストップしてしまうからです。
こんまりさんの本にも書いてあったので、そういうのは私だけじゃないのだと、妙に安心してしまいました。

そんなこんなで、今ではゴミ袋を満杯にすることが喜びになっていたりします。
ですが、まだ使えるものをゴミとして捨てるのは、罪悪感があります。

そこで、ゴミとして捨てずに処分する3つの方法を探しました。
1)売る
2)再利用する
3)寄付する

順に紹介します。

1)売る

引き出物などでいただいた未使用の食器、タオル類。
まだ新しいがあまり使わない家電。
これらはリサイクルショップで売ります。
本、CD、ゲーム類は専門のショップで売ります。
古くてもコレクターが集めていそうなおもちゃも売ることができます。
これらはネットでも買取している業者が多数あるので、探してみるといいです。
中には、素人目にみると需要がなさそうなものでも買い取ってくれるところがあるので、一度[○○ 買取]で検索してみることをおすすめします。

2)再利用する

綿の布団は、古くても打ち直しをしたら新品のように生まれ変わります。1枚の布団で3回ぐらい打ち直しができるそうですよ。
ただ、綿の種類や状態によっては打ち直しできないこともあるので、お近くの布団屋さんに聞いてみると良いと思います。
お近くにない場合は、ネットでも宅配便を利用して受け付けている店があるので、[布団 打ち直し]で検索してみてください。
料金は、シングル一枚当たり10,000円前後のところが多いようです。

3)寄付する

本はお近くの図書館に寄贈できます。受け付けているかは、地域によって違うかもしれないので問い合わせてみてください。
その他、リサイクルショップで売れないような食器、ぬいぐるみ、置物、アクセサリ、おもちゃ、衣類などを宅配便で回収して海外に寄付している団体や業者があります。
[不用品 寄付]で検索すると数件出てきますが、団体によって募集している物資が違うようです。
いきなり送るのではなく、よくサイトを確認したほうがよいでしょう。
また、送る側からみてもゴミのようなものは、受け取る側からみてもゴミなのだと思います。
送られて、嫌な気持ちになるものは送るべきではないでしょう。
顔は見えませんが、相手の立場になってみることが大切なのではないでしょうか。

以上で、説明を終わります。
この中で、私が実際にやってみたのは、まだ1)だけです。
2)の布団の打ち直しをやってみたいのですが、残念ながら今のところ予算がありません。
10,000円出すなら新しい布団を買った方がいいのでは?という意見も聞こえてきそうですが、私は打ち直しを選びたいと思います。
これはあくまでも気分的な問題です。どちらを選ぶかは人それぞれなのです。

■記事提供元サイト:片付け母さんのブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ