「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

肌トラブルはこれが原因だった。多くの人が間違えているたった一つの理由とは?


肌のトラブルを改善したくてスキンケアしているのに、全然よくならないっていうことありませんか?

一生懸命やっているはずなのに、前より悪くなっている、そんな人はこれが原因かもしれません。

●色々な情報を集めて、スキンケアをためしてみる。
●ニキビがひどいから、まめに洗顔をしている。
●いつもメイクはしっかり落とし、クリームをたっぷりつけているのに乾燥が治らない。

こんな悩みはないですか?

わたしはエステティックサロンを営んでいますが、多くのお客様の悩みを聞いていると、肌が改善できない方に、ある共通した理由がありました。

肌の悩みを簡単に改善できる方法とは?

それは、「やりすぎ」を止めることです。

●洗顔をしすぎる
●クリームをつけすぎる
●コットンで化粧水をはたきすぎる
●あぶら取り紙で皮脂をとりすぎる
●美白用の美容液をぬりすぎる

などなど、「やりすぎ」をあげたらきりがありません。

そんな方たちへのアドバイスは、「やりすぎないで下さい」これだけです。

お客様は、ニキビや乾燥、シミなどの肌悩みをよくしたくて、色々なスキンケアをしています。
けれども「やりすぎ」は効果をあげるどころか、弊害にしかならないんです。

洗顔をしすぎれば、お肌自身の保湿力を落としてしまい、ローションやクリームをつけても肌には何も残りません。

コットンで化粧水をはたきすぎれば、はたいた刺激でシミはますます濃くなります。

皮脂をとりすぎれば、なくなった皮脂を補おうと、ますます皮脂は分泌されます。

美白用に配合されている成分は、強いものが多く、肌へつけた刺激から、美白どころかシミが濃くなることさえあります。

自分にとっての「やりすぎ」は?

わたし自身、赤味がある肌で、吹き出物もでるのに乾燥しているという肌をしていました。

洗顔は朝晩ていねいにし、美容液、化粧水、クリームなどを使っていました。
ですが、40歳を過ぎたあたりから、あまりにも肌が乾燥して痛くなり、洗顔を見直すところから始めました。

夜だけクレンジングと石鹸で洗い、朝は素洗い。
そうするようになり、かなり改善されましたが、40代後半になるとこれでも肌が辛くなってきました。

わたしの肌にはこの洗顔方法では、「やりすぎ」だったのです。

今は一度洗い専用のクレンジングで夜メイクを洗い流し、朝は素洗いこれだけです。
(けれど、ちまたでの一度洗い専用クレンジング剤は、洗浄力が強すぎるものが多いので注意が必要です)

この方法がわたしにとってはベストで、乾燥も吹き出物もほぼ改善されました。

洗いすぎになっていて肌が痛くなっていたことは、やめてほしいというサインだったのだと思います。

そのサインを取り違えて、痛いからクリームをたくさんつけるということをしていましたが、全く効果がありませんでした。
この痛みが発展していくと、もっと大きな肌トラブルを招いていたかもしれません。

肌のトラブルは間違ったケアで起きていることが、とても多いです。

薄くてデリケートな肌ですが、ほおっておいてもきれいになる力がとても高いんです。

「やりすぎず」ほんの少しの手助けで、肌はおどろくほど早くきれいになっていくものです。
そんな人をたくさん見てきました。

まずは自分の手で肌を感じてみてください。
そして「やりすぎ」を今すぐ見直して、上手に肌と付き合っていきたいですね。

■記事提供元サイト:50代の劣化に負けない暮らし

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ