「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

箸使いのタブー いくつ知っていますか?


お箸でものを食べることは、特に意識せずに覚えてきました。
 
子供の頃に食卓で母親から箸の持ち方を直されたり、食べ方が良くないと注意をされたりして自然に身につくものです。
 
日常、食べる時にはさほど気にしない食べ方ですが、宴席や会席の場では、緊張しますし、綺麗に食べられているか気になります。
 
日本人にとって、正しく箸で食べることは、人間としての品位や教養の高さを示す上で重要視されてきたことなのかなと思います。
 
嫌い箸とか、忌み箸と言われる食べ方があるのをご存じでしょうか?
 
迷い箸、渡し箸などは、よく親から注意されていましたが、それ意外にもたくさんあるのですね。


 

迷い箸

箸を持ったまま、どれを食べようかと、お皿の上をあちこち動かすこと、
たくさんお皿が並んでいると、あれもこれも食べたくて、迷ってしまいます。
 
移り箸
何かを取ろうと箸を伸ばしたのに、気が変わって他のお皿に箸を伸ばすこと。
1度箸を伸ばしたら、気を変えないようにご注意ください。
 

刺し箸

箸で食べ物を突き刺して食べること。
箸が上手に持てない子供の頃はやってしまうことがありそうですが、大人になってからは、ちょっと恥ずかしい食べ方です。
 

寄せ箸

遠くにあるお皿を、箸を使って引き寄せること。
これ、自宅限定ですけれど、たまに心当たりがあります。
ちゃんと手で持ち上げて移動させましょう。
 

探り箸

みそ汁など、底にまだ具が残っていないか、かき回して中身を探ること。
かき混ぜてからみそ汁を飲むのがクセになっている人もいますね。
やりそうになったら、ぜひ、思い出してください。
 

箸渡し

箸で食べ物を挟んで渡し、相手も箸で受け取ること。
お葬式でお骨を拾うことを想像させるのでタブーです。
 

指し箸

食事中に話箸の先を向けて人や物を指し示すこと。
話に夢中になると、つい、ということがあるかもしれませんね。

 

握り箸

二本の箸を片手に持って握るようにして食べること。

受け箸

箸を持ったままで、お代わりをすること。
無意識に、してしまうことがあるかもしれませんね。
 

仏箸(立て箸)

 

ご飯の真ん中に、箸を2本立てること。
仏式のお葬式で、枕飯の時にするため禁忌とされています。
 

掻(か)き箸

お茶碗を口に当てて、食べ物を掻き込むこと。
お茶漬けを食べる時などはしますね。。
 

銜(くわ)え箸

箸をくわえること。くわえたままで手に食器を持つこと。

 

なぶり箸

箸についた食べ物を、口でなめて取ること。
 
 
他にも、いろいろ、書き切れないくらいあります。
 
あまり細かくあれこれ言ってしまうと、食事が辛くなってしまうかもしれませんが。食事のマナーは、一緒に食べている相手を嫌な気分にさせないようにすることが一番。
 
相手を思いやって、楽しく食べることを心がけたいですね
 

■記事提供元サイト:お家のごはんは元気のもと

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ