「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

肥満の弊害について


肥満とはすなわち脂肪が体に付きすぎていることです。
 
従って体重が重くても、筋肉量や骨の重さが多くて脂肪の量が少ない場合は、肥満とは限りません。
 
 
肥満の判定は、BMIの数値で決めます。これは、身長と体重から計算します。体重÷(身長☓身長)=BMI です。
 
このBMI22が標準で、25以上が肥満とされています。
 
肥満の中をさらに、肥満1度(25以上~30未満)、肥満2度(30以上~35未満)、肥満3度(35以上~40未満)、肥満4度(40以上)の4段階に分けています。
 
 
危険な内蔵脂肪は腹囲を測るとわかります。(へその高さで測る)
 
内臓脂肪型肥満と判定されるのは、腹囲が、男性は85cm以上で、女性は90cm以上です。
 
 
肥満(BMI25以上)になると、糖尿病、高脂血症、脳卒中、心臓病になる危険性が高まります。
 
脂肪が内蔵のまわりに付く(内臓脂肪型肥満)と、メタボリックシンドロームになります。
 
 
肥満はたくさんの生活習慣病のもとになります。
 
日本人の死因の1位は癌、2位脳卒中、3位心臓病です。これらの病気は肥満や食事が関係しています。
 
今急激に増加している、糖尿病、高尿酸血症、痛風、膵炎、脂肪肝なども、肥満が深く関わっています。
 
肥満している人は、喉も脂肪が付いていて狭くなっているので、睡眠時無呼吸症候群になりやすく、生命の危険性もあります。
 
肥満者は体の重みで、骨や関節に負担をかけ過ぎますから、腰痛や関節痛になりやすいです。
 
肥満は100害あって1利なしですね。
 
■記事提供元サイト:断捨離シニアの終活日記ブログ
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ