「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

介護が身近になる時代


「大介護時代」の到来と言われている日本。
 
高齢者の人口が増え、支える若者が少なくなっています。
 
そのような時代のなかで、いったい誰が親を見守るのか大きな問題です。
 
そう考えたとき、それは「あなた」です。と僕は言いたいです。
 


 

介護の現場

 
働きながら家族を介護する人は全国に約291万人と言われ、両立支援の課題はとても難しい問題です。
 
高齢者の食事や入浴、排泄などの援助をするのは容易ではないです。
 
今後は、家庭での介護が国の方針として進められている今以上に深刻になると予想できます。
 
 

なぜ働きながら介護をするのか

 

どんどん高齢化が進み、より高い介護の質が求められ、介護に対する専門知識を持つ介護福祉士の存在は、とても重要になってきます。
 
でも、介護福祉士に介護を任せるなら働きながら家族を介護する必要性はないのでは。
 
 
しかし現実として家族が見るしかない状況があります。
 
老人ホームは入所待ち。有料老人ホームは高価すぎるんです。
 
 

知らないことは行動できない

 

介護福祉士に求められる役割は、利用者の生活全般を捉える視点。
 
人権を尊重し、利用者の生活を理解し、行動することができることです。
 
 
それを学校で勉強するのですが、ただこれは家族の介護でもあてはまります。
 
 

どこに視点を向けるのか、どう理解するのか、介護をする全ての人が知っておく必要があるのだと思います。
 
そういう準備をしておかないと虐待に発展してしまう可能性が高くなるのです。
 
 

介護職員初任者研修

 

介護福祉士になるには多少の時間がかかりますから、テキストで知識だけつけるという考えもあるかもしれません。
 
 
これから家族の介護をする人、介護の仕事をしたいと考えている人。
 
そんな方は、基礎知識が学べる介護職員初任者研修を受講するのも1つの方法です。
 
「大介護時代」を乗り切るには「あなた」が知識をつけるしかありません。
 

 

■記事提供元サイト:5万人の介護士応援ブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ