「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

健康診断で尿潜血原因となる病気は


健康診断で、尿潜血反応があったと診断されて
それが、どういう意味か疑問に思ったことはございませんか?
 
 
尿潜血は、尿に血が混じっていることを指します。
 
 
なぜ、このように
尿に血が混じってしまうことがあるのでしょうか?
 
 
今回は、その尿潜血についてです。
 


 
尿潜血と出てしまうのは
尿管や尿道、膀胱に腎臓と
 
 
どこからか出血していることを
表しています。
 
 
病名としてあげれば
前立腺がんや尿道ガンに腎結石、膀胱炎などで
血尿がでることがあり
 
 
それが、健康診断で尿潜血ありと
結果に出ることがあります。
 
 
女性の場合ですと、生理の血が
混じり陽性反応として出ることもあります。
 
 
女性は、男性に比べて尿道が短いために
膀胱炎での出血は、女性のほうが起こりやすい症状です。
 
 
膀胱炎の原因は、細菌です。
 
 
排尿することで、細菌が尿道から膀胱へ
上がる前に、流すのですが
 
 
水分を控えたりして尿量が少なくなったり
トイレを我慢していたりすると
 
 
十分に、洗い流すことができずに
細菌を膀胱に入れてしまい膀胱炎になってしまう
危険が高いのです。
 
 

尿道から入る細菌を
阻止することはできないので
排尿という行為は、とても大切です。
 
 
頻尿や残尿といった尿の
尿トラブルを甘くみず
 
 
おかしいと感じることがあれば
病院へ行きましょう。

 

■記事提供元サイト:けんこう畑
 

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ