「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

子供のやる気がない場合、教育費を節約の対象にするべきか?


子供の習い事について、悩んでいます。

長女(小2)は現在、習字教室と音楽教室に通い、進研ゼミをしています。

習字教室は今年から通い始めたばかりで、どんどん進級できるのがうれしいみたいです。
そして、教室にも自分から進んで通っています。

問題は、音楽教室と進研ゼミです。

今日は、週1回通っている、長女の音楽教室の日です。
音楽教室では宿題が出るのですが、今朝になって慌ててしていました。
年末には発表会もあるのですが、今から心配です。

長女は、3歳からヤマハの音楽教室に通いはじめました。
なぜ通いだしたかというと、長女は、最初は保育園を2年保育にする予定でした。
3歳の間は家でみるつもりでしたが、それでも同年代の子供と関わる環境がほしかったのです。
歌も、遊びながら楽しく学べるし良いかなと思って。

でも結局は、次男(小5)が当時通っていた保育園の園長先生のすすめもあって3年保育にしたのです。
今は、3年保育にしてよかったと思っています。
小さなころから集団生活に慣れて置いて、損はありません。

音楽教室の話に戻します。
小学校に上がるまでは、音楽教室も楽しく通っていました。
ですが、上がってからはレベルも少しずつ高くなっていき、ついて行くのがだんだん苦しくなってきたのです。
宿題をしていかなくても弾けていたのが、家で練習してないと教室ではボロボロに…

本人はまだ、行きたくないなんて言い出しませんが、今のままでは本当について行けなくなりそうです。
発表会で、他の生徒さんの演奏を聴くと、本当にレベルが高いです。
こういった習い事って終わりがないので、どうしたらいいか思案中です。
ピアニストを目指しているわけでもないので、本人がやりたがっているうちは通わせるのがいいのでしょうか。
今は、宿題しないくせに、教室に通うのは楽しいみたいです。

進研ゼミは一年生のころからはじめました。
チャレンジパッドという、タブレットで学習するものです。
入学したてのころは、他社の紙の教材をしていましたが、やらずにためてしまうことが多くなり、やめたのでした。

チャレンジパッドは、親が付きっきりにならなくてもパッドが教えてくれる、とても良い教材だと思っていました。
でも、やはり機械に任せきりではだめでした。
次第にやらなくなっていったのです。
今では、私に促されてしぶしぶやり始める、といった感じです。
言われなければほんとうにやらない。
掛け算九九がのゲームができるようになっていて、それでマスターできたらやめようか、とも考えています。
塾に通わせるより安く済むと思っていたのですが、やらないのなら全く意味がありません。

音楽教室の月謝が8748円で、年間104976円。
進研ゼミの費用が月々3343円で、年間40116円。
合計が145092円。

そして実は、次男も進研ゼミをとっているのですが、長女と同様にやっていません。
五年生になると費用も高くなって、月々5632円で、年間67584円。

すべて合わせて、212676円です。
あらためて数字にしてみたら、本当にやめたくなってきました。

節約のために教育費を削ることはしたくないのですが、やらないものにかける金額ではないです。
自分から進んでやるように、子供を誘導するのが親の務めなのかもしれませんが、それができれば苦労はありません。
考えを改めるべきでしょうか。

■記事提供元サイト:片付け母さんのブログ

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ