「Blogパラダイス」、通称「ブロパラ」は、ブロガーを応援する投稿サイトです。

menu

Blogパラダイス

ちょっと待って! 夏服→秋服への衣替えをする前に知っておきたいこと


衣替えはしましたか? 夏の暑い時期に大活躍してくれたお気に入りの洋服たち。来年もキレイに着られるように、しっかりケアしてからしまいましょう。

衣替えの手順

衣替えの日を選ぼう

衣類の収納に、湿気は大敵! 晴れていて、乾燥している日を選んで衣替えをするようにしましょう。

衣替えは断捨離のチャンス

しまう前に、夏服の「いる、いらない」の仕分けをします。不要な衣類をまずは処分してしまいましょう。

カテゴリーは3つにわけます。
・「来年着るもの」
・「着ないもの」
・「迷うもの」。

この3種類にどんどん分けていきます。

着るか着ないか迷う時間は、洋服1枚につき3秒で決めましょう! それ以上迷ったら、即座に「迷うもの」カテゴリーへ。

「着ないもの」は、
・処分する
・誰かにあげるか
・リサイクルショップに持って行く

「迷うもの」は、とりあえず今回は保管に回し、1年間だけ様子をみます。来年の衣替えで、「昨年は迷うものだったけれど、結局今年も1回も着なかった」場合は、潔く処分してください。恐らく、その洋服は、何年経っても「迷うもの」に入り続けるものだからです。

保管する前に「しまい洗い」をしよう

収納する前に、汗、臭い、シミをチェック! クリーニングに持っていくものと自宅で洗うものに分けます。

自宅で洗うときに注意したいことは、皮脂汚れと汗のニオイです。

汗を撃退するのによい方法は2つ。
・ぬるま湯に粉せっけんを入れてよく溶かし、数時間、つけ置きし、その後洗濯機で普段通りに洗う

・汗は酸性なので、アルカリ性の重層を衣類に振りかけて、洗濯機に入れて普段通りに洗う。

夏用の布団やタオルケットは、特に汗や皮脂汚れがたくさん! 丸洗いしてしっかり乾燥させてからしまいましょう。自宅で洗えない大型のものは、コインランドリーへGO!

洋服のタイプに合わせて収納しよう

しっかりメンテナンスしたあとは、収納です。

Tシャツ、カットソーは、たたんで立てるように収納すると見やすいのでお勧めです。くるくると丸めてスティック状にする方法もあります。

シワになりやすいものや、自分でアイロンがけができないようなものは、平らに寝かせてしまいましょう。ただし、平らに積むのは2、3枚にしてくださいね。それ以上積み重ねてしまうと、重さで下の衣類がシワくちゃになってしまいます。

防虫剤、除湿剤もお忘れなく

最後に、引き出しに防虫剤を入れます。もし、あまり風通しがよい場所でないなら、湿気、カビ対策に除湿剤も一緒に入れたほうがいいでしょう。

ところで、防虫剤は引き出しのどこに入れれば一番効果があるかご存じですか?

防虫剤は衣類の一番上に置いてください。理由は、防虫剤から溶け出した、防虫効果のある気体は空気より重いので、下へと降りていくためです。

来年の夏に、お気に入りの洋服を取りだしたら黄ばんでいた…、なんて悲しすぎます。今のうちにしっかりお手入れ! 秋晴れの気持ちいい1日は、衣替えの日にしませんか?

■記事提供元サイト:天然きれい生活

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

アーカイブ